ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

水曜どうでしょうのカメラマン・うれしーが綴る! 嬉野雅道著「ひらあやまり」 感想

こんにちは!

 

今回は嬉野雅道著「ひらあやまり」の感想です。

 

ひらあやまり (角川文庫)

ひらあやまり (角川文庫)

 

 

 「水曜どうでしょう」のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道氏が「しあわせ」とは何かを綴った、哲学的極上エッセイ。
文庫化に際し、大幅改稿&再編集!
解説は、「水曜どうでしょう」を愛するシャープの中の人、“シャープさん”が特別寄稿!

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B07PS9X9MD?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2020/7/31閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

まず冒頭にうれしーのグラビアがけっこうな量あります。

まさかねえ、TVのカメラマンのおっさんのグラビアが撮られる日が来るとはねえ・・・。

そんなにうれしーはビジュアル人気があるんでしょうか・・・。

まあたしかに渋い良いおっさんですけどね。

 

さて肝心の内容はというと、うれしーの名文・名随筆!!

じゃっかんロマンチックが過ぎるような気がしないでもないですが、それにしてもうれしーという人は色々考え続けている人ですねえ。

 

   

 

また同じく水曜どうでしょうのディレクターである藤村さんへの圧倒的な信頼感というか、片思いというか(笑)

この関係性はジブリ宮崎駿高畑勲への永遠の片思いに似ている気がしますね。

 

さて、最後にTV番組を作る人間としてのうれしーの決意の一文を紹介して終わりにしたいと思います。

わけのわからない人を視野に入れることは、わけのわからない人を中心に据えて世界を考えることになり、あげく、そのわけが分からない人にどんどん時代が引っ張られていくことになりはしないかって。

そうして、結果的に、わけのわからない人が暮らしやすいだけの世界を作ることになりはしないのか

 

 嬉野雅道著「ひらあやまり」 KADOKAWA 2015 p187

関連記事はこちら↓

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com