ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

映画「WXⅢ 機動警察パトレイバー」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「WXⅢ 機動警察パトレイバー」の感想です。

 

EMOTION the Best WXIII 機動警察パトレイバー [DVD]

EMOTION the Best WXIII 機動警察パトレイバー [DVD]

  • 発売日: 2009/10/27
  • メディア: DVD
 

 

あらすじはこんな感じ↓

 レイバーを狙う奇妙な破壊活動が続く東京湾沿岸。城南署の刑事、久住と秦はその捜査に難航していた。そんな中、秦は大学講師の冴子に出会う。秦は冴子との時間を重ねるうち、次第に彼女に惹かれていった。捜査の途中、久住と秦は湾岸に浮かぶ備蓄基地で次々と人間を食い殺す“怪物”に遭遇する。この“怪物”こそがレイバー連続襲撃事件の犯人なのか。残された“怪物”の肉片から判明した事実が、すべての状況を一変させた。事態は警視庁、防衛庁、特車二課まで巻き込み、やがて秦の知らない冴子の姿が浮かび上がる。明かされていく驚愕の真実。暗躍する自衛隊の影。様々な思惑が交錯する中、再び“怪物”が東京湾に上陸する。この悲しい戦いに決着をつけるため、イングラムが立ち上がる・・・!

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B002KLKXTU?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2020/9/21閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

怪獣映画にオマージュを捧げた一作ですね。

巷では「ゴジラVSビオランテ」へのアンサーとかなんとかいわれてますね。

 

2000年代の劇場アニメってこういう雰囲気でしたよね。

イノセンス」「スチームボーイ」「鉄コン筋クリート」「東京ゴッドファーザーズ」などなど。

暗くて大人の作風というかね。

 

   

 

このパトレイバー劇場版3もその時流に乗った作品なわけですが・・・。

正直言うとさあ・・・。

 

これパトレイバーでやらなくてもよくね?

って話なわけで。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

個人的にパトレイバーは「大人が本気で悪ふざけしている」ところが好きだったんですが、この作品にはそういうバラエティ感のようなものはないし・・・。

まあそもそもパトレイバーの劇場版は1も2もそういう作品ではあるんですが、こちらはまだ一応パトレイバーのメインキャラがちゃんと出ているからまだパトレイバーだったわけです。

 

でも、こっちはパトレイバーのメインキャラもほとんど出てこずに、ようしらんおっさんとあんちゃんとお姉さんがメイン。

 

うん、やっぱりパトレイバーじゃなくてよくない?(笑)

 

この映画を見ている最中、なんどそう思ったことか・・・。

そこが引っかかって引っかかってしょうがない作品でした。

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com