ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

悪趣味だけど愛しかない! 映画「ヘルドライバー」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「ヘルドライバー」の感想です。

 

ヘルドライバー

あらすじはこんな感じ↓

 

 すごい映画ですよ、これは。

 

監督のやりたいこと、表現したい世界観、撮りたい画しかない!!!

 

どこまでもグロテスクで、見るに堪えないほど露悪的で、でもこれほど「俺はこれが見せたいんだ!!!」が詰まっている映画って、そうそうないんじゃないかなあ・・・。

映画自体はチープですし、低予算丸出しですし、ツッコミ所しかないですし、とてつもなく悪趣味なんですが、それでも憎めないというか、嫌いになれない映画です。

 

(ゆがんだ)「映画愛」が詰まりまくった映画と言っていいのではないでしょうか。

 

以下、個人的にグッと来たシーンを。

 

・「ブレードランナー」リスペクト

強力わかもとの有名なシーンですね。

 

 

 

・「ゴキブリ揚げ」

ゴキブリをカラッと揚げてます。

ちょっとおいしそうに見えてしまったのが悔しいです。

 

・顔面ゴルフ(?)

ゾンビの顔面を切り刻んでぶっ飛ばします。

クレイジー!!!

 

・血の母乳

JKが乳を噛み切られ、血が噴出します。

その様はまるで「血の母乳」!

あとこの映画、やたら無駄に、かつ大量に出血します。

まさに出血大サービスです。

 

・人肉戦車

悪趣味もここに極まれりなシーン。

ご丁寧に体がパックリ二つに割れる特典付きです。

 

関連記事はこちら↓

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com