ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

結局みんなバカ 高橋源一郎著「お釈迦さま以外はみんなバカ」 感想

こんにちは!

 

今回は高橋源一朗著「お釈迦さま以外はみんなバカ」の感想です。

 

 

 震災の時も酒のことしか頭にない落語家/ラブホスタッフによる文章指南/大阪おばちゃん語で憲法を表現すると/名作を2秒で読めるか?/偶然57577になった文章……。
稀代の読書家である作家だからこそ見つけられた、思わず唸る表現や、クスッと笑えることばの数々。書いた本人さえも気付いていない、秘められた意味まで深掘りしていく
本書を開けば、新しい発見があること間違いなし!

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E9%87%88%E8%BF%A6%E3%81%95%E3%81%BE%E4%BB%A5%E5%A4%96%E3%81%AF%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%83%90%E3%82%AB-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E9%AB%98%E6%A9%8B-%E6%BA%90%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4797680253?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4797680253 2019/12/31閲覧

 

ゆっくりおやすみ、樹の下で

ゆっくりおやすみ、樹の下で

 

 

 高橋源一郎さんと言えば個人的に彼のデビュー作「さようなら、ギャングたち」を読んだときの衝撃は忘れられませんね。

何を書いてあるのか、さっぱりわかりませんでしたね(笑)

 

これに限らず、彼の作品はポップカルチャーを下敷きに、それを純文学的に表現するというスタイルなので、非常にわかりにくい(笑)

「これが文学か・・・」と打ちのめされた大学生の時の思い出です(笑)

 

さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)

さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)

 

 

そんな彼の新書が本作なのですが、文学作品とは違って、非常にわかりやすい!

内容もキラキラネームとかアイドル、漫画などとっつきやすいものですし、文章も平易。

そして何より面白い!

 

   

 

 

彼の文学スタイルから行くと、例えばキラキラネームをつける親を「頭の悪いバカ親ども」などどこき下ろすかと思いきや、むしろ優しい姿勢で論じています。

そこはタイトルの通り「お釈迦さま以外はみんなバカ」、作者もキラキラネームをつける親も等しくバカということで、同じバカ同士で手加減したということでしょうかね(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com