ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

ハロウィン回が怖すぎた! デジモン ゴーストゲーム 4話「人形ノ館」 感想 

こんにちは!

 

今回は「デジモン ゴーストゲーム」 4話の感想です。

 

 

あらすじ↓

ヒロはルリに頼まれてハロウィンパーティ🎉の準備中。謎のパンプキンヘッド人形が「トリックオアトリート」の言葉と共に…⁉️

 

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

今回は「ハロウィン」回!

おばけがテーマの作品ですから、ぴったりですよね。

しかもハロウィン当日の放送ですし。

 

ただ怖いって(笑)

けっこうしっかりホラーアニメでしたよね。

それこそホラー映画「ハロウィン」みたいな感じというか。

(ちなみにシリーズ新作「ハロウィン KILLS」も現在公開中)

 

特に襲われた人が床を引きずられるときの「ザリッ・・・ザリッ・・・!」と、床を擦る感じが・・・。

死体なんよ、扱い方が。

 

   

またタイトルも「館」ですし、クローズドサークル的な要素もあったので、綾辻行人の「館シリーズ」を意識しているのでしょうか?

人形館の殺人」的な?

とにかく今回は本格的に怖かった!

 

後半ほっこり系に転換するか?とかすかな希望を持つも速攻で裏切られ、結局最後までサイコなデジモンだったし。

「トリックオアトリート」なんて可愛いもんじゃない!

「トリックアンドダイ」なんよ!

 

そして本作におけるデジモンの設定も語られましたね。

まあ、今までのデジモンとそんな変わらんす。

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com