ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

岩波明著「他人を非難してばかりいる人たち」 感想

こんにちは!

 

今回は岩波明著「他人を非難してばかりいる人たち」の感想です。

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 マスコミやネット住民はバッシングが大好物。失言やトラブルによって「悪人」となった対象を見つけては非難するが、最近ここに一般の人も追随し、まるで国民総出のいじめの様相に。このとき、非難する側は必ず「正義」を振りかざすが、実は他人を傷つけて楽しむ心理も混在する。もともと、似た価値観を共有する日本人は、差異に対して敏感で嫉妬を抱きやすく、異物を排除する傾向が強い。さらに、適度に豊かな現代には空虚さが蔓延しており、若者は悲観的で自信がない。現代人の心の歪みを、精神科医である著者が斬る!

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4344983904?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2020/3/31閲覧

 

他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)

他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)

  • 作者:片田珠美
  • 発売日: 2013/11/15
  • メディア: 新書
 

 

着眼点は良かったと思います。

いますよね、他人の悪口ばっかり言ってるしょーもない人間。

 

作者は精神科医なんですから、もっとそういうところにフォーカスして書けばよかったのになあ、と思います。

 

でもそうはなってないんだよなあ・・・。

 

なんだろう、浅いなあ、と。

 

   

 

まず扱う題材が悪い。

なんでいわゆる芸能人スキャンダルにばっかりフォーカスするのか?

上にも書いたように作者は精神科医

芸能スキャンダルは門外漢なわけで、結果議論は浅くならざるを得ない。

 

普通に仕事柄接する精神科の患者の話でいいんじゃないの?

 

また、仮にそれにフォーカスするのは良いとしても、メインとなるのがマスコミとか世間とか、そういう大きな話ばかりで読みごたえがない。

 

他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)

他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)

  • 作者:片田珠美
  • 発売日: 2013/11/15
  • メディア: 新書
 

 

どうせならもっと陰湿なネットイジメとか、そういう扱いがいのあるものにフォーカスして、タイトルにある「他人を非難してばかりいる人たち」の持つ闇とかくだらなさとかしょーもなさとか、そういうのを露呈させてほしかった。

 

さらに、なぜか芸能スキャンダルにフォーカスしたことにより、本書のメインである「他人を非難してばかりいる人たち」という主題を貫けなくなったのかわかりませんが、問題を起こした側の人を過剰に庇いすぎている気がします。

 

例えば報道を苦に自殺したとある政治家について

「コワモテで恫喝屋であったかもしれないが、〇〇氏はどこにでもいる普通の国会議員だったのだ」

と書いてあります。

 

 

 うーん、普通の国会議員ってコワモテで恫喝屋なもんなんですかねえ?

 

国会議員てそんな地方のヤンキーみたいな連中ばっかりなんですかねえ?(笑)

 

 

 

 

ということで結論としては、扱うテーマは良かったんですが、扱う題材が悪すぎたという感じですね。

 

 

まあでもこんなこと書いたら、自分も「他人を非難してばかりいる人たち」の仲間に入れられてしまうかもしれませんね(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com