ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

認知症の母の口癖が重要? 園子温著「希望の国」 感想

こんにちは!

 

今回は園子温著「希望の国」の感想です。

希望の国

希望の国

 

 映画 『希望の国』 (2012年10月20日(土)公開)
原作 “半ドキュメンタリー"小説

======
約何万人が死んだ、苦しんだ。
文学なら、映画なら、正確に数えあげろ!
たった一つの何かを無視するな!
======

鬼才、園子温監督のもとに、福島の思いが集まり、
やがて、原発事故に揺れる家族の物語が生起する。

ーー
「皆が想像できる単純な物語を更に深めたい」
決意した園子温は福島に何度も何度も通う。
描くべき人々は、すべてその道中にいた。
小野泰彦も、智恵子も、洋一も、いずみも、
鈴木健も、めい子も、ミツルも、ヨーコも、
犬のペギーも、役所の志村も、加藤も、警官も、自衛隊も……。
みんな、福島から生まれた。

これは、映画『希望の国』をつくる、園子温という映画監督の物語―
>

 

https://www.amazon.co.jp/%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E5%9B%BD-%E5%9C%92-%E5%AD%90%E6%B8%A9/dp/4898153453?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4898153453 2019/11/15閲覧

希望の国 [DVD]

希望の国 [DVD]

 

 

これは映画監督・園子温さんの「希望の国」の脚本と製作ノートを足して2で割ったような、不思議な本です。

強いて言うなら分厚いパンフレットのようなものですかね。

 

この映画自体は自分も見たましたが、彼の映画にしてはあまり面白くなかったのが正直なところ。

もちろん「原発」という日本映画界最大のタブー(原発をテーマにすると言ったとたん出資者が逃げた話も出てましたしね)に切り込んだ、そのコンセプトはめちゃくちゃ攻めたものですが、それに物語が追いついてない印象。

 

 

   

 

 この本を読んだとてその印象は変わりませんが(笑)、この映画に出てきた認知症の老婆が「帰ろうよ」と言うのが、彼の認知症の母親の口癖だというのは発見でしたね。

結局のところ、この映画は彼の家族の話だったんだな、と。

そんなことがわかった一冊でした。

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com