ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

野沢雅子劇場 映画「ドラゴンボールZ 地球丸ごと超決戦」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「ドラゴンボールZ 地球丸ごと超決戦」の感想です。

 

 

野沢雅子劇場でした。

そういって、差し支えないでしょう。

何せ今回のメインとなるのは、まず孫悟空

ラストには地球全体からの元気を分けてもらい、超元気玉を出すスゲー奴。

ドラゴンボールシリーズ不動の主役です。

もちろん声優は野沢雅子さん。

 

次に幼年期の孫悟飯

こちらは今回の映画では、ドラゴンの子供と友情関係を築き、このドラゴンが虐殺されかけたことで、超パワーを発揮します。

こちらも声優は野沢雅子さん。

 

   

 

そして今回のメインボス。

それは実は生き残っていた純粋なサイヤ人ターレス。

その姿形は悟空とそっくり。

というか、ゲームにおける2Pキャラのような感じで、ほぼ悟空です。

声優は、ご存知野沢雅子さん(笑)

 

その結果どうなるか。

終盤の最終決戦、悟空&悟飯VSターレス。

これを演じるはすべて野沢雅子さん!

すごすぎるでしょ!(笑)

しかもちゃんと演じ分けられてるんだもんなあ。

本当にすごいです。

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

そして今回の物語もなかなか壮大ですごい。

地球全体を覆う聖なる樹、そして鳥山明感、というかドラクエ感のあるドラゴン達。

そこに悪の悟空とでもいうべきターレスの登場。

これは燃えますよ!!!

面白かった!

 

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com