ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

映画「ドラゴンボール 最強への道」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「ドラゴンボール 最強への道」の感想です。

 

 

「神と神」が公開されるまでは最後のドラゴンボール劇場版だった本作。

内容は「ドラゴンボール(無印)」を冠している通り、いつもの原作を元にオリジナル要素を入れつつ初期の話を映像化するというコンセプト。

 

それにしても、なぜ「GT」の映画が一作もないのか、気になる所ですね。

まさか「GT」から人気が急落したわけでもないでしょうに。

別に本作がつまらないと言いたいわけではないんですが、せっかくならGT仕様の映画も一本くらい見たかったなあ、と。

 

   

 

 

あと、やっぱり初期の頃のブルマは良い!
悟空やら亀仙人やらウーロンやら、セクハラを受けまくっているのが可哀想ですが(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com