ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

ドラマ「岸辺露伴は動かない」 感想

こんにちは!

 

今回はドラマ「岸辺露伴は動かない」 の感想です。

 

「岸辺露伴は動かない」OVA コレクターズエディション (2枚組) [Blu-ray]

あらすじはこんな感じ↓

 ヘブンズ・ドアー! 今、心の扉は開かれる―― 「ジョジョの奇妙な冒険」からスピンオフした荒木飛呂彦の同名傑作漫画を映像化!高橋一生演じる漫画家の岸辺露伴が、遭遇する奇妙な事件に、相手を本にして生い立ちや秘密を読み、指示を書き込むこともできる特殊能力“ヘブンズ・ドアー”を使って挑む姿を描く! 【スタッフ】 原作:荒木飛呂彦岸辺露伴は動かない」 原作:荒木飛呂彦 小説:北國ばらっど「岸辺露伴は叫ばない 短編小説集」所収「くしゃがら」 脚本:小林靖子 音楽:菊地成孔 演出:渡辺一貴 撮影:山本周平 照明:鳥内宏二 録音:高木創 美術:磯貝さやか 編集:鈴木翔 人物デザイン監修:柘植伊佐夫 制作統括:鈴木貴靖、土橋圭介、平賀大介 制 作:NHKエンタープライズ 制作・著作:NHK

 

https://www.nhk.jp/p/ts/YM69Q8456J/ 2021/1/4閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

お正月にNHKにて全三話で放送された実写版「岸部露伴は動かない」。

荒木先生の作品が実写化された例で思い出すのは、三池監督の「ダイヤモンドは砕けなない」ですが、あちらに比べるとかなり評判は良いようです(笑)

 

なにせこちらの「露伴」の方は、あえてスタンドを実体化させず能力だけを見せるという手法でしたからね。

こっちの方がこう、より普通のドラマっぽくなって確かに良いですよね。

露伴もちゃんと露伴でありながら、「いや、こんなやついねーよ(笑)」と失笑を買わないレベルでちゃんと実写に落とし込んでいる。

 

これは英断だと思います(笑)

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

お話のトーンとしては「世にも奇妙な物語」っぽいなあ、と(どちらもタイトルに奇妙と入っていますしね)。

不可思議なことが起こって、それを主人公が解決していく。

とくに第二話「くしゃがら」なんかはすごく「世にも~」っぽくて面白かった。

 

ただ、原作だと露伴はもっと変人ぽく描かれていた印象なんですが、今回は周りの個性が強すぎたせいか、わりとまともでしたね。

 

   

 

また、ヘブンズドアーに関しては、原作にもある生理的な気持ち悪さがよく表現されていて良かったと思います!

あれ、どうやって撮影しているんでしょうね?

CGにしては生々しかったですしね。

 

そんな感じで全体的に満足度の高いドラマシリーズでしたので、次回以降の制作も希望ですね!

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

 

ポリス×戦士ラブパトリーナ 第32話「決定!ラブパト流行語大賞」 感想

こんにちは!

 

今回はポリス×戦士ラブパトリーナ 第32話「決定!ラブパト流行語大賞」 の感想です。

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

あらすじはこんな感じ↓

 

 コハナはラブピョコを連れて山登りに行く。山頂にある綺麗な花をラブピョコに見せたかった。途中でキャンプに来ていたお兄さんと仲良くなり、ご飯をいただいた。とても楽しく山登りをしていたが、お兄さんがラブゼーロにされてしまい、山がパニックになる。お兄さんを元に戻すためにコハナは一人変身するのだった

 

https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/lovepatrina/episodes/ 2021/3/21閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

今回は久々にコハナのお花好きという設定が全面にでた回でしたね。

こういう風に一人一人に焦点を当てて描いてもらえるのがありがたいのよ!

 

そして今回のゲストはさわやかお兄さん・杉浦太陽さん!

特撮好きとしては当然ウルトラマンコスモスとして有名な彼ですが、そういった背景を知らない人でも「家族思いのタレント」として定期的に出演していますから、知名度が高いゲストと言っていいでしょうね。

 


 

 

そして彼が出てくると、一気にNHK教育感が出るのはなぜなのでしょうか(笑)

花が喋る所なんかもその空気を増大させていますね。

 

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

 

機界戦隊ゼンカイジャー 第7カイ! 魔界の王子は気がみじかい! 感想

こんにちは!

 

今回は「機界戦隊ゼンカイジャー」 第1カイ! キカイ世界はキキカイカイ!!  の感想です。

機界戦隊ゼンカイジャー ゼンカイジャーゼンカイなりきりセット

 

あらすじはこんな感じ↓

トジテンド軍隊長バラシタラを父と呼んだ青年、ステイシー。

その目的は!? 正体は!?
考える間もなく、ゼンカイジャーは彼の襲撃を受ける。

ヒトかキカイかも分からぬ相手との戦いに惑うガオーン。
思わぬライバルの出現、仲間の葛藤。そのとき介人は何を想うのか——。

そして現るレジェンド戦隊、レジェンドロボの数々!!
混乱極めし中、ステイシーはその闇を解き放ち〝ステイシーザー〟にチェンジする!

暗黒の戦士ステイシーザー……誰がために戦う?


監督:山口恭平
 
脚本:香村純子

 

https://www.toei.co.jp/tv/zenkaiger/story/1225609_3141.html 2021/4/11閲覧

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

今回はレジェンド要素満載で非常に豪華な回でございました!!!

ゼンカイジャー5人のモチーフである、ゴレンジャー、ジュウレンジャーガオレンジャーマジレンジャーボウケンジャーの5人×5戦隊が総登場!!!

単純に物量がすごい!!!

物量がすごいから画力もすごい!

 

 

   

 

さらにそこにその4戦隊(ゴレンジャーはロボなし)のロボ、大獣神、ガオキング、マジキング、ダイボウケンが登場!!!

 

さらにさらに!!

そのロボを倒すのが、懐かしのみんなで集合して力を込めて倒すという、メカニズムのよくわからない攻撃!!!

 

いいですなあ・・・。

 

ちなみにHPによると、今回のお話の時系列は、

第6カイ→劇場版『オール戦隊大集会!!』→スピンオフ『ゼンカイレッド大紹介!』→第7カイ、となるそうです。

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

 

 

仮面ライダーセイバー 第31章「信じる強さ、信じられる強さ。」 感想

こんにちは!

 

今回は 仮面ライダーセイバー 第31章「信じる強さ、信じられる強さ。」 の感想です。

 

 

仮面ライダーセイバー 変身ベルト DX聖剣ソードライバー&水勢剣流水エンブレム&ライオン戦記ワンダーライドブック

 

あらすじはこんな感じ↓

 

ズオスに圧倒され、ネコメギドにされた芽依(川津明日香)を救うこともできない…。倫太郎(山口貴也)は無力な自分に苛立ちを募らせ、芽依ではなく自分を救った飛羽真(内藤秀一郎)を責める。

 その間にも芽依の力は弱まり、ズオス(才川コージ)の前から逃げようとしてもネコメギドに変貌してしまう。いよいよアルターライドブックの完成が近づいているのか。

 このままでは本当に芽依はアルターライドブックとなって消えてしまう。飛羽真は、自分は何も出来ない、飛羽真に助けられてばかり、と弱気になる倫太郎を懸命に励ますのだが…。

 

https://www.tv-asahi.co.jp/saber/story/?27 2021/4/18閲覧

 

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

 今回はトウマ、倫太郎、メイの初期主要三人組の絆を再確認する回でしたね。

メギドと化したメイ!

彼女を守るため、決闘で絆を再確認するトウマと倫太郎。

友情を深めた二人のコンビネーションでメイを救う!

 

   

それにしてもメイ関連の演出は一体どういうことなんでしょうか?

メイはネタキャラということなんでしょうか?(笑)

シリアスな空気感でいきなりああいうの差し込まれるとちょっと困るんですけれども・・・。 

 

 

関連記事はこちら↓

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

 

毒親からサバイブせよ! 大高忍作「オリエント」 感想

こんにちは!

 

今回は漫画「オリエント」の感想です。

 

オリエント(11) (週刊少年マガジンコミックス)

 

あらすじはこんな感じ↓

 時は戦国時代――。突如飛来した「鬼神」により、日ノ本は一変。名だたる戦国大名は討ち死にし、「鬼神」が人間を支配する世界となった。「鬼神」が神と崇められるこの世界で、自由を求めて戦う武士団と呼ばれる集団がいた。武士団に憧れる二人の少年が人間の世を取り戻すべく立ち上がった! 夢は「最強の武士団」!戦国バトルファンジー、開幕!

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B07G44GHKJ?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2021/1/3閲覧

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

アニメかもされた漫画「マギ」の作者・大高忍が書いている漫画ですから、武器やモンスター、キャラクター等々のデザインが厨二心をくすぐってくるのは当然のこと。

面白いのも当然のこと!

 

その上で本作が面白いのは、それぞれのキャラクターの葛藤を描いていること。

前作「マギ」は最終的に国同士の戦い、政治などの大きなテーマを描いていましたが、今作では小さい、というか個人的な話を描いているんですよね。

 

   

 

主人公含め、主要なキャラのほとんどは親からネグレクトされていたり、毒親育ちだったり、親に対して愛憎半ばする感情を持っています。

そんな親から愛されないという葛藤を主人公達がどう乗り越えるのか。

物理的なバトルだけではなく、親との心情的なバトルをどうサバイブしていくのか、そちらも合わせて見どころになっています!!!

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

トロピカルージュプリキュア 第5話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」 感想

こんにちは!

 

今回は「トロピカルージュプリキュア」 第5話 「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」 の感想です。

 

トロピカル〜ジュ!プリキュア メイクアップ変身!トロピカルパクト

あらすじはこんな感じ↓

 脚本:守護 このみ  演出:岩井 隆央
作画監督:松浦 仁  美術:東 美紀  絵コンテ:大地 丙太郎

 

(今回、なぜか公式HPにあらすじが掲載されていませんでした・・・)

 

 

https://www.toei-anim.co.jp/tv/precure/episode/summary/ 2021/3/8閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

 

今回も新キャラにして新プリキュア、キュアフラミンゴ登場!

しかも彼女は一個上の先輩!

人狼の無頼漢!

常にクールビューティー!!

 

   

 

 

しかも彼女は曲がったことが大嫌いの正義の心を内に秘めており、ローラの野望に潜む傲慢さを一発で見抜いてしまいました。

ローラとの絡みはこれからも続いていきそうですね。

 

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

映画「彼らが本気で編むときは、」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「彼らが本気で編むときは、」の感想です。

 

彼らが本気で編むときは、 [Blu-ray]

 

あらすじはこんな感じ↓

 生田斗真×荻上直子監督
3人だからきっと見つけられる。新しい1日がここからまた始まる。

かもめ食堂』や、『めがね』などで、日本映画の新しいジャンルを築いてきた荻上直子監督の5年ぶりの最新作。
2013年にアメリカ留学から帰国したのち、セクシュアル・マイノリティの人たちへの対応が社会的にやや遅れている日本に違和感を抱いた
荻上直子監督が、「トランスジェンダーの息子に、“ニセ乳" を編んで与えたお母さん」の新聞記事を目にしたことから着想を得て、
自身でオリジナル脚本を作り上げた本気の意欲作。
主演に迎えられたのは、生田斗真。性別を超えて、トランスジェンダーの女性役・リンコという難役に挑んでいる。
さらにリンコを生涯のパートナーとして支える優しい恋人役・マキオには、桐谷健太。子役にはオーディションで輝く才能を見せ、
本作が映画本格デビューとなる柿原りんかを起用し、ミムラ小池栄子門脇麦、りりィ、田中美佐子といった人気と実力を兼ね備える女優陣たちが
メインキャストに名を連ねている。

<ストーリー>
優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコと、彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ。
そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。
小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。
ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。
リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を
少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。
嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B072ZQKFBC?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2021/1/30閲覧

 

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

うーん、良い映画でしたねえ。

トランジェスターとその彼氏、そして親にネグレクトされた少女の三人が徐々に家族になっていく過程がとても良かった!

 

その過程で様々な障害が降りかかるんですよね。

クラスではイジメられ(ここら辺は解決しないで終わる)、周囲からは白い目で見られ、病院では「男扱い」され、「普通」を押し付ける友人の母親にはちょーうざい説教をぶちかまされる。

 

   

 

この母親を演じるのが小池栄子なんですが、これがまあ恐ろしいこと恐ろしいこと、

実はこの小池栄子の息子(主人公の少女の友達でもある)も性的マイノリティなんですが、それに気づかずに「普通」を押し付けるその表情!

映画「ミザリー」並みの狂信者の表情!

 

そしてトランジェスター(演 生田斗真)と仲良くなっていく息子を発見した時のあの表情!

もうシチュエーションも相まってあのシーンはホラーですよ!

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

また最後の展開も一筋縄でいかない感じが良かったですね。

安易にハッピーエンドにしない、現実のままならなさが良かった!

 

ただまあ色々ツッコミ所はあって、例えばそのラストシーン。

まるで今生の別れのような悲壮感なんですが、よーく考えれば全員親戚なわけで、法事や盆正月には会う機会はあるわけですから、そこまで悲しまなくても良かった気がしますけどね(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com