特撮は大人の嗜みです。

特撮やアニメなどの子供向け作品は大人が見てこそ面白い!  総アクセス80万突破しました!

多国籍ロボット最高映画 「ガンヘッド」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「ガンヘッド」の感想です。

 

 

原田眞人監督作品。

アメリカナイズされた彼らしい多国籍な作風ですね。

ただ、何が起きてるのか、非常に分かりにくい!

 

画面が暗いというのもありますし、なにより大枠の目的とそのシーン単位で何してるのかはわかるんですが、それぞれのシーンのつながりがいまいちわからない。

だから、彼らは一体何をしているんだ?というのがだんだん見えづらくなってくるんですよねえ。

 

 

ただ川北監督による特撮シーンは素晴らしいの一言。

サンライズも協力しているとのことで、当時の日本の特撮とロボットアニメの最高峰同士が組んだわけですから、そりゃあすごいものができるよねって話で。

 

もう特撮シーンだけ見るためにこの映画見るのありです!

 

 

おしまい!

デリシャスパーティープリキュア 最終話 感想

こんにちは!

 
今回はデリシャスパーティープリキュア 最終話の感想です。
 
最終回ではギリギリまで戦い続けるパターンと、後日談がメインを占めるパターンがありますが、今回は後者でしたね。
 
個人的にも後日談パターンの方が好きなのでよかった!
平和な世界で躍動するレギュラーキャラクター達!
戦いが終わった祝祭感が良い!
 
幼馴染二人の関係がちょっと進展した?のもほのかな感じでよかったなあ。
良い最終回でした!
 
おしまい!

超解釈日本神話✖︎怪獣映画 「ヤマトタケル」 感想

 

今回は映画「ヤマトタケル」の感想です。

 

 

 

 

日本神話✖︎怪獣!

ヤマタノオロチを倒すために神の鳥?が現れ、さらに土偶みたいな形のロボットのような超古代兵器が現れる!

 

最高ですね。

これは非常に最高の映画でございます!

なりよりキングギドラをさらに過剰にしたヤマタノオロチが素晴らしい!

 

 

 

三つ首からいきなり八つ首ですからね。

進化というかやりすぎというか。

 

 

後半の怪獣戦パートでは、もはやなんでそうなるのかはさっぱりわかりませんが、良いんです、カッコいいんだから!

 

 

以上!

ギーツエクストラ 仮面ライダータイクーン 感想

こんにちは!

 

今回はギーツエクストラ 仮面ライダータイクーンの感想です。

 

 

 

 

ギーツエクストラと言いながら、ライダータイムシノビの後日談要素が強いですね。

つまみ食い的に物語が補完されていくシノビ、独自の立ち位置すぎて面白いです。

 

そして忍者ライダーの集結ですが、正直これは映画でやってほしかったなあ、と。

忍者ライダー集結!ってのはかなり引きがあると思うのでね。

 

そしてZXの再演!

仮面ライダー大戦以来ですね。

 

さらに仮面ライダーシノビが放送されている世界線の福さん笑

この世界では平成が続いているのでしょうね笑 

 

 

 

 

おしまい!

 

実写版「おそ松さん」と映画「銀魂」

こんにちは!

 

今回は実写版「おそ松さん」の感想です。

 

 

 

 

英勉が監督を務め、snow manが主演を務める本作。

その評判は映画ファン、おそ松さんファンからは意外と悪くないようですね。

snow manファンは自分の周りにいないので、その界隈からの評判はわかりませんが。

 

で、この映画がなぜ割と悪くない評判を獲得しているかと言うと、冒頭で こんな実写化ムチャだよー 的な自己言及をきちんとしてるからかな、とおもいます。

 

 

 

要するに、人気のある原作に人気のあるアイドルを出して実績のある監督を掛け合わせる、という企画書だけは百点みたいな、よくある日本のダメ実写化映画を作ったら、こんなキメラみたいな映画ができちゃったよー、ごめんね(テヘペロ)ていうスタンスを示しているからこそ、その心意気やよし!みたいなことになったのでしょう。

 

あと、ちゃんとアニメ版の声優とキャラクター使って、アニメ版の人気にわかりやすく便乗したのもよかったのでしょう。

 

 

要するにぶっちゃけ映画なんですね、これは。

私たちだってこんなの無茶だってわかってますよ?

でもやるしかないんですよ、大人なんで、仕事なんで、っていうぶっちゃけが、色々勝手に忖度してくれるお客さんには受けた、という図式でしょうね。

 

で、自分はその作り手たちのスタンスを踏まえた上で言いたい。

 

映画をなめんな、と。

 

そして

 

なんで自分の金と時間を作って忖度しなきゃいけねーんだよ、と。

 

 

この映画を見て想起したのは、映画「銀魂」。

あの映画も同じようなスタイルで作られていましたよね。

人気のある役者使って、数字持ってる監督使って、固定ファンのいる原作を映画化して、アニメ版の声優やらノリやらも取り込んでいく、という。

 

 

だから銀魂やらおそ松さんやらの成功を見て思うのは、実写映画というのは、今までは一応建前として原作を知らないお客さんも取り込んでいく商売としてやってきたはずですが、もはや大衆は相手にせず、最初からいる固定ファン向けの商売になったんだな、と。

 

もはや映画会社のプライドもクソもねーな、おい!笑

 

てな感じでこれからの有名原作の実写映画化ビジネスについて思うところを色々書いてきましたが、最後にこの映画の感想を。

 

 

まずギャグ、コメディ映画として面白くないな、と思いましたね。

色んなパロディとか、アイドル映画にしては頑張ってるな、レベルで別に笑えませんでした。

そもそもアニメ版に寄せた六つ子の演技が見ていて痛々しかったです。

 

あとそれ以外のキャラクターについても、テレビバラエティレベルの笑いの取り方しかしてなかったので、映画で見るもんじゃないな、と思いましたね。

 

 

なので結論としては、映画を舐めるな、でしたね。

 

仮面ライダーガヴの脚本家を予想しよう!

こんにちは!

 

今回は仮面ライダーガヴのお話です。

 

 

 

 

発表されましたね、仮面ライダーガヴ。

今度はお菓子のライダーということで、また新しい鉱脈を見つけてきたなあ、というところ。

 

さて、この仮面ライダーガヴですが、現時点(7/12時点)では脚本を誰が担当するのか発表されていません。

例年だと公式サイトオープン、情報解禁の第一報の段階でスタッフ陣は明かされるもの。

今回もメイン監督やアクション監督、プロデューサーは発表されているものの、なぜか脚本家は明かされないまま公式解禁から2週間が経とうか、というところ。

 

ここまで隠す、ということは、逆説的に言えば、仮面ライダーガヴの脚本家はこの人だ!という発表にニュースバリューのある人が起用されている、ということでしょう。

そうでないとここまで隠す意味がわからない。

 

ということで、この人なのでは?という人を何人かピックアップして予想してみます。

 

候補NO1 井上敏樹

最近ドンブラザーズやらパラダイスリゲインドやらで再び脚光を浴びている井上敏樹

もちろん仮面ライダーカイザの漫画だったり、ジオウのキバ回だったり、あるいは映画仮面ライダー1号だったりで定期的に話題にはなっていました。

が、平成一期以降の井上敏樹の評価のされ方というのは、いわゆる井上敏樹仕事に対する半笑いの要素を多分に含んでいました。

 

 

 

 

そんな中で1年間ドンブラザーズを走りきったことで、やっぱりすげえな井上敏樹!と半笑いではなく、本気で皆が言うようになってきた。

この井上敏樹再評価が著しい今だからこそ、仮面ライダーメインライター起用、十分にあり得ると思います。

 

 

 

候補NO2 井上亜樹子

父親が井上敏樹、祖父は初代仮面ライダーの脚本家である伊上勝という、由緒正しき特撮脚本一家の三代目である井上亜樹子。

ガッチャードでも何本か脚本を担当していますし、ここに来てライダー初女性がメインライターというのも話題性としてありそう。

あるいは、井上敏樹&亜樹子という史上初親子メインライターとかもあるかも。

 

 

 

候補NO3 高橋悠也

武部Pとはヒット作ギーツ、さらにアプリゲームであるライドカメンズでも組んでおり、お気に入りであるのは間違いがなさそう。

ガッチャードから1作しか挟まずに武部Pが再び担当というのも、ギーツの評価・数字共に良く、再びこのコンビで!となったからなのかも。

 

 

 

 

候補NO4 虚淵玄

お菓子という仮面ライダーとかみ合わせの悪そうな題材のライダーという点で、フルーツというこれまたかみ合わせの悪そうな題材から見事に傑作となった鎧武を想起する声が多いガヴ。

鎧武も武部Pですし、ここで鎧武コンビ再び!という可能性もあるのではないかと。

ただ虚淵玄だとした場合だいぶ売れっ子ですから、相当前からオファーをしておかないと抑えられなそうですよね。

もしかしたらギーツの脚本家に!とオファーしていたもののスケジュールが合わず、ではガヴに!という流れもあったりとか?

まあ妄想なんですけども笑

 

 

 

 

候補NO5 野木亜紀子

ネームバリュー&インパクトは絶大ですよね、おそらく今最も人気のある脚本家である彼女が起用されたら。

90%ないとは思いますが笑

 

 

 

 

候補NO6 庵野秀明

これまた大物枠での予想。

シン仮面ライダー仮面ライダーシリーズとは縁ができたことですし、さすがに庵野秀明が毎回の脚本を書くとは思えませんが、全体構成が庵野秀明、みたいな起用は無きにしもあらずかも?

 

 

 

 

候補NO7 辻村深月

これ、割とあるんじゃないかと思ってます。

勘でしかないのですが笑

バイスでも小説家を起用した実績がありますしね。

 

 

 

 

候補NO8 上田慎一郎

皆さんご存知カメラを止めるな!の監督ですね。

なんかこう、一昔前に流行った映画とかから人材を引っ張ってくるんじゃないかなあ、という予感もあるんですよね。

なんだかんだ言って映画会社ですしね、東映

 

 

 

 

候補NO9 上田誠

劇団ヨーロッパ企画の主宰にして近年はアニメ界でも活躍が著しい上田誠

フォーゼの中島かずきのように、演劇界から引っ張ってくるのもありそうな気がするんですよねえ。

これは本気で結構あると思ってます。

決して上田慎一郎とおなじ苗字だから連想したわけではありません笑

 

 

 

 

というわけで、9人の候補を挙げてみました。

順当に行けば高橋悠也、井上親子あたりなのかなあ、という気もしつつ、上田誠あたりはマジであるんじゃないかなと。

そして大穴で庵野秀明という希望的観測も捨てきれない!笑

 

おそらく今週の日曜あたりに脚本家が発表される気がしますが、ひとときの予想を皆さんも是非!

 

おしまい!

 

 

 

 

 

仮面ライダーアウトサイダーズ ep1 感想

こんにちは!

 

今回は仮面ライダーアウトサイダーズ ep1の感想です。

 

 

 

 

王蛇サバイブ!

デザインはかっこいいのに、次郎さんさすがにその腹回りはだめよ!

ぷっくりしすぎだよ!

 

また一瞬でしたが、サバイブ化したヴェノスノークも出てきましたね。

これがまたかっこいい!

 

 

 

 

おしまい!