特撮は大人の嗜みです。

特撮やアニメなどの子供向け作品は大人が見てこそ面白い!  総アクセス80万突破しました!

王様戦隊キングオージャー 最終回 感想

こんにちは!

 

今回は王様戦隊キングオージャー 最終回の感想です。

 

 

 

キングオージャー

 

終わりましたねえ、キングオージャー。

もっと突き放した感じで終わるかと思いきや、がっつりハッピーエンドでしたね。

 

特に最後のめでたしめでたしを諦めない物語というワードは良かったですね。

まだ王政は途中というね。

 

キングオージャーにかかる色々はまた別にしっかり書こうと思います。

 

おしまい!

 

仮面ライダーガッチャード 25話 感想

こんにちは!

 

今回は仮面ライダーガッチャード 25話の感想です。

 

 

 

 

半分総集編、半分本編という感じでしたね。

総集編を挟みつつ、最初と最後で話を進めることで総集編と感じさせない技術!

 

そしてなぜ宝太郎がパワーアップできたのかは次回!

実は話の核心はすべて次回!というところがうまいですよねえ。

 

 

 

 

 

おしまい!

映画「悪魔の毒毒モンスター 新世紀絶叫バトル」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「悪魔の毒毒モンスター 新世紀絶叫バトル」の感想です。

 

 

うーん、ひどい映画でしたねえ笑

とにかく悪趣味!

グロいシーン、えぐいシーン、下品なシーン、思わず笑ってしまうシーンなど色々ありましたが、とにかく悪趣味な映画だったな、と。

 

 

決してこれは、低予算映画だから、ということではないと思います。

低予算だって志の高い映画はありますから。

 

だからお金の問題とかではなくて、単純に作り手達の品性の問題なんだろうな、と笑

まあトロマ映画なんだから当たり前だろって話ではありますけどね。

 

 

おしまい!

映画「恐竜100万年」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「恐竜100万年」の感想です。

 

 

太古の時代にはめちゃくちゃでかい亀やらイグアナ(?)やらがいて、人類と覇権を争っていた!

そんなお話です、ざっくり言うと。

 

レイハリーハウゼンが手がける太古の生物たちが定期的た登場するので全編見ていてあきないんですよね。

 

 

また太古の人たちの格好がね、なかなか刺激的なのも良い笑

そこら辺も見飽きない要因かもしれません!

 

おしまい!

わんだふるぷりきゅあ 三話 感想

こんにちは!

 

今回はわんだふるぷりきゅあ三話の感想です。

 

 

 

 

がるがる、怖いですね。

最近のプリキュアの敵って名前のある幹部の敵はともかく、一話限りの雑魚敵は印象に残らなかった。

 

なんですが、今回の敵のがるがるは怖い!

リアルな生命の危機というか。

でっけえ生き物が暴れたら怖いよね、というプリミティブな恐怖がありますよね。

 

 

 

 

おしまい!

仮面ライダーガッチャード 23話 感想

こんにちは!

 

今回は仮面ライダーガッチャード 23話の感想です。

 

 

 

 

今回のメインゲストの女性、要するに悪い男にだまされてしまって、おそらくお金とかも貸しちゃってて、愚かな自分に落ち込んでいたところを純粋でイケメンのズッキュンバンパイヤに救われた!と思ったら今度は精神エネルギー?を吸い取られ、、、。

 

散々だな!笑

要所要所の描写から察することしかできませんがそんな感じですよね。

だからこそ、最後にしっかり目にスポットがあたったのは良かった!

 

 

 

 

おしまい

「RIDER TIME 仮面ライダー龍騎」 三話から「仮面ライダーリバイス&ギーツ MOVIEバトルロワイヤル」の時系列を考察する

こんにちは!

 

今回は「RIDER TIME 仮面ライダー龍騎」 三話の感想です。

 

 

 

ジオウディケイドアーマー龍騎サバイブ。

なんで中間フォームじゃないサバイブに?という野暮なツッコミはやめておきましょう!笑

 

ちなみになんで龍騎&ナイトがサバイブにならなかったのかというと、作品内的にはオーディンにサバイブカードを取られていたからですが、メタ的にはジオウディケイドアーマー龍騎サバイブに龍騎サバイブの素体が使われているので物理的に不可能だった、ということでしょうね。

 

 

そのオーディンの変身シーンも描かれたり、蓮の婚約者が描かれたり、ゲイツと蓮が一瞬入れ替わるという謎のファンサービスがあったり笑、龍騎の後日談としてもよくできています。

 

ちなみに、最近の映画「ギーツ・リバイス ムービーバトルロイヤル」にも龍騎勢が参戦していましたが、彼らはこの周回から来たわけではなさそうですね。

リュウガもこの周回では倒されていますし。

 

 

そしてそもそもこの作品はジオウテレビ本編の龍騎編の後日談でもあります。

ということはジオウ最終回にて全てリセットされて周回であるわけなので、ライダー史的にはこの話もまるっとなかったことはなっている。

 

なのでこの作品のように、神崎が諦めずに何度もライダーバトルを開催している、TV最終回から続く世界戦から来たのがムービーバトルロイヤルの龍騎勢なのでしょうね。

 

 

そしてムービーバトルロイヤルで龍騎勢が龍騎本編や映画の記憶を持っているらしき描写があったので、ライダーバトルを繰り返すうちにそれまでの記憶は次第に戻ってくる、というのかデフォルトの仕様なんですかね?

 

おしまい!