脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は500前後 総アクセス数は5万突破! お問い合わせはこちらへ rimocong@yahoo.co.jp お気軽にどうぞ!

どん底なデリヘル嬢たちに降り注ぐかすかな希望の光! フルーツ宅配便 8話~12話&全話視聴した感想!

こんにちは!

 

今回は「フルーツ宅配便」を全話視聴した感想です!

フルーツ宅配便 (8) (ビッグコミックス)

フルーツ宅配便 (8) (ビッグコミックス)

 

 

まずは各話の感想から。

 

8話

youtu.be

 

9話

youtu.be

 

10話

youtu.be

 

11話

youtu.be

 

youtu.be

 

さて、ここからは全話見終わった感想です。

 

まず面白かった!

ままならない日本の貧困層の現実・現状を、デリヘルという観点から描くというのが非常に面白いな、と。

 

そして、そのどん底の人間たちの交流を通して、かすかな希望を描く。

 そのウェットにもなりすぎず、かといってドライすぎもぜず。

距離の取り方が絶妙なんですよね。

 

だからこそ圧倒的などうしようもない現実の中でも、まだ生きていこうと思えるというか。

 

また、非常に考えさせられるドラマでもありました。

 

例えばデリヘルの規約を破り、100万円の罰金を請求されたデリヘル嬢はソープに沈められる。

でも、ソープの方が稼げる。

沈められたデリヘル嬢も泣いて感謝している。

 

異世界ソープランド輝夜 1

異世界ソープランド輝夜 1

 

ごくごく普通に生きている僕たちからしたら、ソープなんて「地獄」かもしれないけど、彼女にとっては何よりもお金を稼いで、娘を進学させることが最優先で、ソープは好都合なのかもしれない。

 

風俗は本当に悪なのか?

風俗で働いている女性たちは本当に不幸なのか?

 

そんなことを考えさせられるドラマでした。

 

お勧めです!