脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

さっぱりわからないけど最後の特撮はすごい 映画「帝都物語」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「帝都物語」の感想です。

あらすじはこんな感じ↓

明治45年。実業家・渋沢栄一は土御門家の陰陽師・平井保昌や物理学者・寺田寅彦らに協力を求め、ある計画を進めていた。それは「東京改造計画」といい、帝都・東京を軍事的にだけでなく霊的にも守護しようとするものだった。しかし、謎の魔人・加藤保憲がその計画の前に立ちふさがっていた。加藤は1000年前関東に独立国を築こうとして失敗し、謀反人として討伐された平将門の霊を呼び醒まし、東京を壊滅させようと企んでいた。そして加藤は将門の末裔・辰宮由佳理を霊媒として選んだ。平井や文豪・幸田露伴の努力により加藤の企みは潰えたかに見えたが、由佳里の胎内には恐るべきサイキック・パワーを秘めた生命が宿っていた。加藤との闘いに敗れた平井は大正12年9月1日を帝都壊滅の日と予言し、明治天皇崩御の日、自刃する。大正12年9月1日。大地震は起こったが幸田は死闘の末、加藤に傷を負わせた。結局、将門の怨霊は目醒めず、帝都破壊は不完全に終わった。そして東京は渋沢らの手により急速に復興していった。昭和2年。日本初の地下鉄道が開通しようとしていたが、加藤の放った魔物が妨害していた。寺田はその解決策として西村真琴が作った日本で最初のロボット“学天則”を利用。加藤は力を回復し再び帝都破壊を企むが、新たな宿敵が現われた。将門の命を受け、由佳里の兄・辰宮洋一郎へ嫁いで来た目方恵子である。加藤は由佳里に産ませた雪子を銀座の雑踏で誘拐し、将門の霊を呼び戻そうとする。しかし、実は雪子は加藤の子ではなく洋一郎と由佳里の間に産まれた子だった。洋一郎は自らの霊力で将門の霊を封じ、恵子はサイキック・パワーで加藤と死闘を繰りひろげた。春。銀座では“帝都復興式典”が開かれ、賑わっている。花見客のあふれる神田明神では易者姿の泉鏡花が加藤に似た軍服姿の男を見つけドキッとするが、人ごみにまぎれて行った。

   

https://eiga.com/movie/37930/ 2019/9/23閲覧

 

この映画の監督・実相寺昭雄は「ウルトラマン」や「ウルトラセブン」を監督した人物で、そのオリジナリティあふれる演出で、特撮ファンの間では伝説的人物として崇められています(笑)

 

その彼が荒俣宏原作の小説を監督した本作は、非常に難解。

けっこうちゃんと見てたはずなんですが、何が何やらさっぱりわからない(笑)

帝都物語(全6巻セット)

帝都物語(全6巻セット)

 

 

ただやっぱり嶋田久作演じる旧日本軍人のビジュアルインパクトはすごいし、何より!

終盤の映画「大魔神」シリーズのような巨大特撮シーンは素晴らしかったですね!

さすが実相寺監督!

これが見れただけでも大満足です!

大魔神 Blu-ray BOX

大魔神 Blu-ray BOX

 

 

というような薄っぺらな感想くらいしか書けません(笑)

本当にわからなかったんだもん!(笑)