脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

映画「ペット」って「トイ・ストーリー」の二番煎じだったなあ・・・

こんにちは!

 

今回は映画「ペット」の感想です。

 監督 クリス・ルノー ヤーロー・チーニー 脚本 ブライアン・リンチ  シンコ・ポール  ケン・ドーリオ

 

 おそらく公開当時から言われていることでしょうが、トイストーリーですよね、これ。

 

新進気鋭のアニメスタジオ・イルミネーション(ミニオンズ)は、今や「ポストピクサーの呼び声高いですが、これを見る限りピクサーには及ばないかなあ。

 

あくまでも主観ですが、「ペット」ってトイストーリーの二番煎じだと思うんですよ。

 

トイストーリーの面白さというのは、人間がしらないところでおもちゃは動き、しゃべり、コミュニケーションし、おもちゃたちの世界がある、そして何より「おもちゃの世界があるということを人間には知られてはいけない」という部分。

これにより行動するとき人間にばれないようにバケツをかぶって移動したりするサスペンス・スパイ要素が生まれ、それが子供心に楽しかった。

 

でもペットの方は、人間がしらないところで動物たちはしゃべり、コミュニケーションし、動物たちの世界があるというところで終わってしまっている。

ペット2 フィギュア 5体セット

ペット2 フィギュア 5体セット

 

 だから物足りない。

 

そう、この映画は物足りない。

キャラもストーリーも想定内。

 

もっと悪く言えば「子供向け映画の範疇を出ていない」

 ファンの方には申し訳ないですが、所詮ピクサーの二番煎じだなあ、と。

そんな風に思ってしまった「ペット」でした。