脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

園子温も案外普通の映画撮るのね・・・ 映画「新宿スワンⅡ」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「新宿スワンⅡ」の感想です。

新宿スワン? 「Dead end Tokyo」 ORIGINAL COVER INST. Ver.

新宿スワン? 「Dead end Tokyo」 ORIGINAL COVER INST. Ver.

 

 監督 園子温 脚本 水島力也

 

あらすじはこんな感じ↓

南秀吉の死から1年。歌舞伎町を仕切るスカウト会社・バーストのスカウトマン、白鳥龍彦(綾野剛)は、ある夜マユミ(広瀬アリス)と出会い、助けを求められる。
ヤミ金からの借金返済に追われるマユミに、龍彦は涼子ママ(山田優)の店・ムーランルージュを紹介する。
その頃、ハーレムとの合併によりスカウトマンの数が倍増したバーストでは、スカウトする女の取り合いが起こっており、社内の雰囲気は最悪だった。
業を煮やした社長の山城(豊原功補)はシマを拡大するため、横浜に進出することを決断。
その任務を横浜出身の関(深水元基)と、龍彦に命じる。
嫌がる龍彦だったが、突然新宿から姿を消した同僚・洋介(久保田悠来)が横浜にいるという話を聞き、歌舞伎町にしばしの別れを告げる。

山城が関と龍彦を送り込んだのは、全日本酒販連合会の会長・住友 (椎名桔平)が横浜に大規模店舗を出店するという情報をつかみ、勝算ありと踏んだからだった。
しかし横浜には、ヤクザや警察と裏で繋がる武闘派スカウト会社・ウィザードを率いる滝マサキ (浅野忠信)によって支配された、難攻不落の「タキ王国」があった。
渋谷パラサイツの悪友・森長 (上地雄輔)とともに、さっそく横浜でのスカウトをはじめた龍彦だったが、突如現れた横浜ウィザードの尖兵・ハネマン (中野裕太)、モリケン (北村昭博)、キルビル (梶原ひかり)らに襲われたうえ、タキの息のかかった刑事・砂子 (笹野高史)に逮捕されてしまう。
この機に乗じて新宿進出を企むタキは、バーストのケツモチである紋舞会会長・天野修繕 (吉田鋼太郎)に接近、ウィザードの新宿でのケツモチを願い出る。
天野から手を引かれたバースト。危機に陥った山城は、龍彦たちを破門にし、事態の収拾を計ろうとする。
釈放早々、破門とウィザード新宿侵攻の知らせを聞いた龍彦は驚くが、関は「これ以上の揉め事はない。むしろ好都合だ」とほくそ笑む。
ハネマンらはムーランルージュに忍び込み無残になまでに破壊、休店に追い込む。着々と歌舞伎町に勢力を広げていくウィザード・・・・・・。

火に油を注ぐように、全酒連の会長・住友は、ウィザードに依頼していたスカウトを龍彦たちバーストにも依頼。
集まったキャバ嬢たちを一堂に会したクイーンコンテストの開催を宣言する。
新宿vs.横浜、互いの存亡を賭けた決戦の時が迫るなか、マユミと久々に再会した龍彦は、彼女の秘めた想いと向き合う。
関とタキの12年前の因縁、暗躍する真虎 (伊勢谷友介)、秀吉の死の真相、洋介の秘密。
すべてに決着をつけるべく、龍彦は運命の全酒連クイーンコンテストへ向け、走り始める!

 

http://www.ss-2.jp/story/ 2019/10/2閲覧

日本を代表する鬼才・園子温

その彼が漫画を映画化、キャストも有名俳優、配給も大手、といわゆるメジャー作品として監督したのが本作。

80's 映画 テーマ・ソング・ベスト!(Cinema Music Palette)

80's 映画 テーマ・ソング・ベスト!(Cinema Music Palette)

 

 

だからでしょうか?

彼の個性が死んでますね(笑)

 

例えば今回の舞台・横浜を映すシーン。

このシーンがなんの工夫もなく、ベターっと平板に横浜の風景をスーッと通るカット。

 

園作品でこんな「ふつう」のカットがあるとはねえ(笑)

冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚

 

 

原作ものでも、一切原作を読まずにイメージだけで映画化したという頭のおかしい作品「リアル鬼ごっこ」みたいにやってくれたら良かったのに。

 

いや、普通にアクションもあったし、ベットシーンもあったし、エグイ話だし面白かったんですけどね(笑)

でも園監督作品ならもう少し「何か」を期待してしまうんですよねえ。

リアル鬼ごっこ 2015劇場版

リアル鬼ごっこ 2015劇場版