脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

ってゆーの? 時効警察はじめました 6話 感想

こんにちは!

 

今回は「時効警察はじめました 6話」の感想です。

 

 

あらすじはこんな感じ↓

エンターテインメント重視のプロレスを取り入れるというCEO・枕木葵(寺島しのぶ)の英断で、倒産寸前の状態から人気プロレス団体へと成長した「気合プロレス」。実はこの成功劇の途中には、世が騒然となる事件が起こっていた。それは25年前――看板選手の丸山真剣(佐々木大輔)がチャンピオン・土倉髑髏(男色ディーノ)に挑み、ベルト奪取に成功した「気合プロレス」タイトルマッチでの出来事。会場が沸きに沸く中、葵がトロフィーを渡そうとすると、丸山が立ったまま息絶えていることが判明したのだ! 死因は頭部強打による脳内出血。遺体の頭部を調べたところ、試合前に負ったと思われる「3」の形に似た奇妙な傷跡があったため、本件は殺人事件として捜査されることに…。土倉、葵、現在はシューレス猿又(柳葉敏郎)と名乗っているレフェリーのレッドシューズ猿又、高原本気(HARASHIMA)ら所属レスラーが疑われたが、真相は解明されず、時効を迎えてしまっていた。

 この事件を“趣味”で調べることにした霧山修一朗(オダギリジョーと助手の三日月しずか(麻生久美子は、最近プロレスにハマッている新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆に案内され「気合プロレス」を訪問。葵と事件について話した霧山は、丸山のことを話すときに出る“ある口癖”が引っかかり…。

 その矢先、今では「気合プロレス」のエースである高原が丸山の弟子だったこと、さらに丸山が高原以外のレスラーを一方的に敵視していたという内部情報が浮上。霧山と三日月も彩雲に続いて「気合プロレス」の一般練習生となり、外からはなかなか見えない人間関係を探り始める。すると、丸山が葵ともたびたび衝突していたことが判明。だが、葵はその件についてはだんまりを決め込むばかりで…!? そんな中、新たな疑惑を招くような言葉が、高原から飛び出す――。

脚本:田中 眞一
監督:大九 明子

 

時効警察はじめました(下) (角川文庫)

時効警察はじめました(下) (角川文庫)

 

 

柳葉敏郎寺島しのぶとゲストキャストが豪華!

寺島しのぶの口癖「ってゆーの」が実は「you,know?」だった、ってゆーの?

どうでもよくね?(笑)

ってゆーの?

 

 

そして柳葉敏郎、出番少なくね?(笑)

 ってゆーの?

 

ってゆーの?

 

という不満はここまでにして、今回は「プロレス」回でしたね。

 

あまり演技が達者でない&体が本格的&芸名が特殊な方が多く出てきたので、実際のプロレスラーの方なんでしょう、おそらく。

 

個人的にはちらっとクズ芸人(?)の岡野陽一が「らしい」役で出てたのが面白かったですね。