ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

パラレルワールドには存在しないはずの姉がいた 米澤穂信作「ボトルネック」 感想

こんにちは!

 

今回は米澤穂信作「ボトルネック」の感想です。

 

ボトルネック (新潮文庫)

ボトルネック (新潮文庫)

  • 作者:米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/09/29
  • メディア: 文庫
 

 

あらすじはこんな感じ↓

 亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、何かに誘われるように断崖から墜落した……はずだった。ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔。

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%B1%B3%E6%BE%A4-%E7%A9%82%E4%BF%A1/dp/4101287813?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101287813 2019/12/14閲覧

 

 

思考のボトルネックを解除しよう!

思考のボトルネックを解除しよう!

 

 

パラレルワールドを舞台に、自分が存在しなかったはずの世界を生きる。

そこで遭遇する事実とは?というお話です。

 

この米澤さんの作品にはいつも「青春の若さ」とか「在りし日の輝き!」みたいなキャッチコピーがつきますが、そうかねえ?(笑)

 

ただ主人公が若いだけじゃないの?(笑)

 

 

そして今回の「ボトルネック」、結末がかなりビターというか、「え!?」という感じ。

 

推理小説というよりは、SFという感じですかね。