ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

この安っぽさはどこから来るのか 「THE W 女芸人No.1決定戦」 感想&総評

 

 

 

・そのこ 65点

鉄道ネタ。

開幕から地味ですなあ(笑)

 

鉄道ファン 2019年 12月号 [雑誌]

鉄道ファン 2019年 12月号 [雑誌]

 

 

・123☆45 75点

面白い!

こういう正統派ではないでしょうが、スタイルは正統派の漫才、いいね!!

「上の歯、下の歯」に着目するという地下っぽさがいいね!

 

ハルカラ 60点

 

 

女芸人にありがちな「女あるある」を切り取りましたコント。

かと思いきや、それを裏切ってくる感じ?

怨念がこもってます。

 

・3時のヒロイン 84点

三人いて、二人ボケ。

ボケの手数が増えるし、ボケのタイプも変えられる。

普通に面白かったです。

 

おかずクラブ 81点

 

 

おかずクラブ」ってよくテレビに出てる割に、ネタがかなりシュールですよね。

今回も「ヒモパン」を売ってほしい女性のお話。

よその店で買えや!というお話になってきますよね(笑)

 

 

・はなしょー 78点

嫁姑問題から殺人事件へ。

殺そうとする嫁と、殺されまいとする姑。

コミカルなコントですが、どんどん過剰になっていくのが好きです。

 

阿佐ヶ谷姉妹 73点

「おばさんあるある」ネタ。

もしくは「お母さん頑張るネタ」。

更に言うなら「お母さんが懇親会で見せる」ネタ。

 

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし

 

 

・つばみ大革命 75点

アイドルユニットゆえの人数の多さを活かしたネタ。

個性はすごい。

でも、それだけなんだよなあ。

そこからパターンを動かさないのが、新喜劇感。

 

紺野ぶるま 65点

バカリズムルシファー吉岡を合わせたネタ。

毒がすごい。

屈折もすごい(笑)

 

・決勝

 

決勝[QMA3]

決勝[QMA3]

 

 

・しなしょー

 クレヨンしんちゃんのようなネタ。

子供の言葉が刺さることって、あるよねー。

 

・三時のヒロイン

これは優勝するなあ、という感じのネタ。

 ポップでわかりやすい。

こういうポップさが優勝しやすい感じありますよね。

 

総評

相変わらずダメな大会運営だなあと感じましたが、出てる芸人自体のレベルは上がってきた感じあるかもしれません。

 

 

 

でもさあ、日テレの身内番組で使い回してそれで箔つけて大会の株を上げようという魂胆がもう、ね・・・。

なーんか、安っぽいんだよなあ、この大会。