ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

ミカサが異常に強い理由判明! 進撃の巨人 28巻 感想! 

こんにちは!

 

今回は、「進撃の巨人 28巻」の感想です。

進撃の巨人(28) (講談社コミックス)

進撃の巨人(28) (講談社コミックス)

 

 

エレンの大暴露大会でしたね(笑)

 

ミカサには「ずっと嫌いだった」と言い放ち、アルミンには「お前とは勝負にならないから喧嘩しなかっただけ」とdisりまくり

 

それと同時にミカサが異常に強い理由も判明しましたね。

 

また、ジークの真実も判明してきましたね。

彼が本当に目指していることとは?

 

そんな彼を無表情に切り刻む安定のリヴァイ兵長(笑)

さて、第一話のタイトルで考察にもずっと使われている「2000年」というワード。

これが今回出てきましたね。 

 

2000年前、ユミルの民の始祖が「何か」と接触したことで、巨人化が始まった、とのこと。

 

 

この「何か」が解れば、この進撃世界の真実が明らかになるでしょうね。

 

今回は久々に引き込まれたというか、「えー、次が早く読みたーい!」となる巻でした!