脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

「ともだち=カツマタ君」は最初から決まっていた! 浦沢直樹「描いて描いて描きまくる」 感想!

 こんにちは!

 

今回は、浦沢直樹が語り尽くした本「描いて描いて描きまくる」の感想です。

浦沢直樹 描いて描いて描きまくる (原画集・イラストブック)

浦沢直樹 描いて描いて描きまくる (原画集・イラストブック)

 

 この本は10章構成になっていて、

 

1章 デビュー前の話

2章 初期作品の話

3章 YAWARA!

 

4章 MASTERキートン

 

 

5章 Happy!

 

 

6章 MONSTER

 

MONSTER 完全版(ビッグコミックススペシャル) 全9巻セット

MONSTER 完全版(ビッグコミックススペシャル) 全9巻セット

 

 

7章 20世紀少年

 

 

8章 PLUTO

 

PLUTO (プルートウ) 全8巻完結セット (ビッグコミックス)

PLUTO (プルートウ) 全8巻完結セット (ビッグコミックス)

 

 

9章 BILLY BAT

 

BILLY BAT コミック 1-20巻セット (モーニング KC)
 

 

10章 これからの話

という感じ。

 

全編非常に素直に思いの丈を語っていて面白かったですね!

 

この本を読んでわかったことは、

「とにかく浦沢直樹はダサいことが大嫌いだということ」

「常に王道漫画に対するアンチであるということ」

ですね。

 

その上で「漫画」というものをしっかりと捉えている。

このインタビューを読むとわかりますが、本当に漫画を書くために生まれてきた人、という感じ。

 

また、この本で正式に20世紀少年の「ともだち=カツマタ君」である、ということが書かれています。

 

どうやら最初はそこまで続ける予定はなく、一巻のドンキ―の葬式の時点で、死んだことになっているカツマタ君が元凶、というのは決まっていたそうです。 

 

なーんだ、シンプル(笑)

 

でも浦沢さんとしては、ともだちは誰でもよく(というか実体がない存在として書きたかったよう)、むしろ架空の文化史にこそ興味を持ってほしかった、とも。

 

「でも面白く書きすぎたこっちが悪い」そうです(笑)

だから、みんなともだちの正体に興味をもってしまった、と。

 

なんかもう、すごすぎ!(笑)