ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

オタクにはたまらないドラマ! ドラマ「アオイホノオ」 1話 感想

こんにちは!

 

今回はドラマ「アオイホノオ」1話の感想です。

 

アオイホノオ (21) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

アオイホノオ (21) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 

 

あらすじはこんな感じ↓

舞台は1980年代の初め、大阪の大作家(おおさっか)芸術大学。主人公、焔燃(ホノオモユル)は漫画家を目指していた。「自分の実力ならいつでもプロデビューできる」と自信過剰な性格をしていたが、豊かな才能に恵まれた同校の学生達や、あだち充高橋留美子といった若手漫画家の台頭や能力を目の当たりにして、見事に打ち砕かれ自信喪失させられる。それでも焔は、プロの漫画家になるため歩み始めるのだった。

   

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%9B%E3%83%8E%E3%82%AA#%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E 2019/1/4閲覧

 

 

 

 

漫画家・島本和彦とアニメ制作会社・GAINAXの赤井・山賀・庵野が在籍していた当時の大阪芸大を舞台にしたドラマですね。

一応現実にあったことを下敷きにはしていますが、フィクションです。

そのフィクション性を「今日から俺は!」「ヨシヒコシリーズ」の福田雄一演出が加速させます。

 

このドラマ、オタクにはたまりませんね(笑)

仮面ライダーのマスクの色の話で3分使うドラマなんてほかにないでしょうし(笑)

 

アオイホノオ(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

アオイホノオ(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 

 

そこに恒例のあだち充イジリがはいり(同じ小学館だからできたネタをむしろここまで堂々とやる思い切りの良さがすごい)、当時のアニメ小ネタもちょいちょい入れてくる(笑)

 

これもすごいですが、オタク的に一番の感動ポイントは庵野秀明帰ってきたウルトラマン」の再現でしょう!!!

 

彼が芸大時代につくったとされる「ウルトラマン」のパロディ作品。

それを今の技術とキャストでリメイク(?)するという、オタクにとっては快挙中の快挙ですが、一般視聴者にはわけがわからないシーン(笑)

 

 

これを一話でやってくれる時点でもう、福田雄一を全面的に信頼してしまいますね!!!

 

素晴らしい!!!