ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

Bパートシステムが斬新すぎる! 島本和彦作「ウルトラマンG」 感想

こんにちは!

 

今回は島本和彦作「ウルトラマンG」の感想です。

 

 

島本和彦が「ウルトラマンG(グレート)」をコミカライズ!!!

ちゃんとウルトラマンであり、同時に島本作品でもあるという、絶妙なバランスが素晴らしい!

なんですが、一話一話が短い!

 

そこで島本先生が編み出した斬新すぎる方法。

それがBパートシステム!!!

 

それは物語のドラマパートを最初の一ページで「ここまでのあらすじ」としてざっくりと紹介。

漫画本編はウルトラマンと怪獣の戦いを描く、だけ!!!

という割り切ったにもほどがある手法!(笑)

 

   

 

しかしあとがき曰く「作者も描きたいものが描け、読者も見たいものが見れる」というWIN-WINな手法、らしいです(笑)

いやあ、すごい!

この手法を考えつくこともすごいし、それを実行してしまう勇気もすごい!

取捨選択!

本質を見抜く力!

 

やはり島本先生はすごい!!

 

すごいといえばこれもあとがきに書いてありますが、当時多忙を極めていた島本先生。

その彼が眠りながら書いたという伝説の一コマが修正なしで掲載されております!

これもすごいですよ!

完全に作画崩壊してます(笑)

 

是非、ご自分の目で確かめてください!!!

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com