ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

最終盤に来てもさっぱり面白くない 騎士竜戦隊リュウソウジャー 第43話 「ドルイドンの母」 感想

こんにちは!

 

今回は騎士竜戦隊リュウソウジャー 第43話 「ドルイドンの母」の感想です。

 

 

 

あらすじはこんな感じ↓

ついに復活したエラスはなんと、ドルイドンを生み出す脅威の存在であった。
プリシャスと新たに生まれたドルイドン・ガンジョージとの戦闘中に
エラスの存在を知ったリュウソウジャーたち。
しかしバンバだけはエラスという名前に聞き覚えがあったのだが
バンバの口から語られたのは、村を破壊し「エラスを守る」と言い残す
マスターブラックの姿であった―――!?
 
 
脚本 山岡潤平
 
監督 加藤弘之

 

https://www.toei.co.jp/tv/ryusoulger/story/1216157_2963.html 2020/1/25閲覧

 

 

 

・空だと渋滞関係なし!

 

・バンバの子供時代、陣内智則に似てますね(笑)

 

・「ナダジャないんですか!?」

ってことは、ナダがリュウソウグリーンの可能性もあったってことかあ。

   

最終盤に来てもさっぱり面白くないリュウソウジャーですが、やはり楽しんでいる人もいるようです。

以前どこかのコメント欄で「リュウソウジャー終わっちゃうの寂しい・・・。もう一年やってくれてもいいのよ~」みたいなコメントがありまして。

感じ方は人それぞれだなあ、と。

 

自分はそのコメントを見て無意識に「勘弁してくれ・・・・」とつぶやいてしまいましたが(笑)