ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

午前中だけで私には1400万円の負債ができてしまった(BY春風亭一之輔) 謎言シリーズその3

こんにちは!

 

負債は「NO THANKS」な下駄夫です。

 

今回は、落語家・春風亭一之輔さんの著書「いちのすけまくら」に登場した言葉のご紹介です。

 

いちのすけのまくら

いちのすけのまくら

 

 

「午前中だけで私には1400万円の負債ができてしまった」

これだけを見ると「何事!?」って感じですよね(笑)

 

さらにこのエピソードでは、こんな会話が続きます。

「じゃあ 川上君(春風亭一之輔のこと)は私に100万円を25回払うこと~」

と請求してきた。

「払えないよ」

「一生かけて払ってくださーい」

 

春風亭一之輔著 いちのすけまくら p282 朝日新聞出版

どんだけ破天荒な生き方してるんだよ!って感じですよね。

 

ギャンブルでスったとか、金使いが荒すぎるとか、そんなことを想像されるかもしれません。

 

タネをあかせば、「なーんだ」なお話なんです(笑)

 

 

実はこれ、一之輔さんが小学生の頃、席が隣になった女子と、机を領土侵犯(相手の机に教科書などがはみ出すこと)一回するごとに100万円払うという、しょーもない(失礼)エピソードの中の一節なんです(笑)

 

ね?

「なーんだ」って感じでしょう?(笑)

 

さて、2500万円という、小学生には到底返済しきれない負債を負ってしまった一之輔さん。

 

しかし翌日、ある理由からこの負債は全額免除になります。

 

その理由とは一体!?

 

続きは、実際の本でお確かめください(笑)

 

まあその理由も、これまたしょーもない話、なんですけどね(笑)