脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

ねこアプリを実写化! 映画「ねこあつめの家」 感想! けっして面白くはない、でもセンスは感じる

こんにちは!

 

今回は映画「ねこあつめの家」の感想です!

ねこあつめの家(通常版) [DVD]
 

 監督 : 蔵方政俊 企画・脚本 : 永森裕二 出演者 伊藤淳史 忽那汐里 戸田昌宏 大久保佳代子 

 

この映画はアプリ「ねこあつめ」を実写化したもので、まあ一言で言えば「猫プロイテーション映画」。

 

映画館の大画面でかわいい猫ちゃんをさあ!ご堪能下さい!という映画ですね(笑)

ねこのロールペーパーホルダー クロ

ねこのロールペーパーホルダー クロ

 

なんですが、自分はこのアプリをやったこともなければ、別に猫好きでもない(笑)

 

テレビで深夜にやっていなかったら一生見ることのないタイプの映画でしょうね。 

 

で、まあ映画としては全然面白くない。

 

でもなんかセンスは感じました。

監督は蔵方政俊さんと言う人で、ちょっと情報が少ないので、よくわからない(笑)

 

ですが、ヒロイン役の忽那汐里さんへの演出も良かったし、

忽那汐里ファースト写真集 『 seven sips of water. 』

忽那汐里ファースト写真集 『 seven sips of water. 』

 

 全体を貫くゆるーい雰囲気、ゆったりとしたテンポ感などなどが心地よく、最後まで見てしまいましたね。

 

何げに役者も豪華なんですよ。

 

田口トモロヲさんとか木村多江さんとか。 

木村多江 写真集 「余白、その色。」

木村多江 写真集 「余白、その色。」

 

 

 

なので結論としては、猫好きの人は見てみてもいいんじゃないでしょうか。