脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

すさまじい既視感! 映画「キャッチアウェーブ」 感想!

こんにちは!

 

今回は映画「キャッチアウェーブ」の感想です。

キャッチ ア ウェーブ [DVD]

キャッチ ア ウェーブ [DVD]

 

 監督:高橋伸之 原作・脚本:豊田和真 出演 三浦春馬  加藤ローサ  木村了 濱田岳

 

サーフィン映画です。

 

夏休みに海に行き、変なおっさん(だけど人は良い)

の店で修行。

じつはこのおっさんはすごい元サーファー。

 

可愛い女の子とは知り合いになり、いい感じに。

彼女を狙っている不良に絡まれるけど、女の子をかけて最後はサーフィン勝負。

なんやかんやあって(死にかけて)、女の子とキスして終了。

 

ものすごい既視感(笑)

既視感(デジャヴュ)―柿沼盟子句集

既視感(デジャヴュ)―柿沼盟子句集

 

 

初めて見るのに「あー、知ってる知ってるこの展開」の連続。

 

なんかもう演出もキャラクターもベタオブベタ

 

つまらなくはないですよ。

ベタな演出やストーリーというのは、王道ということでもありますからね。

 

人生の王道

人生の王道

 

ただ予想の範囲は超えてきませんけどね。

 

それを利点ととるかどうかは人によるでしょうね。

 

ただそんなベタな世界の中、竹中直人だけは異物感放ってましたけどね(笑)