脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

これぞジャンプ映画 映画「バクマン。」 感想

 こんにちは!

 

今回は映画「バクマン。」の感想です。

バクマン。Blu-ray 豪華版

バクマン。Blu-ray 豪華版

 

 監督・脚本 大根仁 

 

あらすじはこんな感じ↓

「僕たち二人で漫画家になって、ジャンプで一番を目指そうぜ」
二人の高校生が抱いた、ジャンプ漫画への壮大な夢。
高い絵の才能を持つ、真城最高(サイコー)。巧みな物語を書く、高木秋人(シュージン)。
クラスメイトの亜豆美保(アズキ)への恋心をきっかけに二人はコンビを組み、週刊少年ジャンプの頂きを目指す。
編集者・服部に見いだされた最高と秋人。次々と生み出されていく漫画。
だがそこに立ちはだかるジャンプ編集部。新進気鋭のライバルたち。
そして突如現れ、遥か先を走り始めた、若き天才漫画家・新妻エイジ
果たして二人はジャンプの頂点に立つことができるのか! ?

 

漫画「バクマン。」の魅力って、主人公たち漫画家がもがいてもがいて、苦しんで苦しんでその果てに限界を突破するときに生じカタルシス、だと思います。

 

でも映画でそんな地道な話をやっていたら時間はまったく足りないわけで(笑)

そういう意味ではむしろドラマ向きだと思うんですけどね。

 

だからこそ映画ではその部分を大胆に省略している。

その代わりに、この映画ではその主人公たちの努力と時間経過と彼ら漫画家がしのぎを削る場面を(本当に)ビジュアルで示しているんですよね。

でっかいペンで戦ったり、プロジェクターで漫画を映したり、全速力で走らせたり。

 

 映画というスタイルを取る上で、こういう改変はしかたがないことだとは思いますし、監督の力量もあってなんとなく説得力も感じる。

 

ただそのせいで、漫画「バクマン。」の持っていた泥臭さみたいなものが消えて、なんかイケメン高校生二人がスタイリッシュに、楽しく青春しながらマンガ書いてる話にみえる(笑)

 

 また映画でのクライマックスはサイコーが病気で倒れ、一度は休載を宣言されながらも、漫画仲間達が力を合わせて漫画を完成させ、巻頭カラー&アンケート上位を勝ち取る部分。

 

ここはまさにジャンプの理念「友情・努力・勝利」がわかりやすく示された場面。

しかもきちんとここがピークでさっさと連載打ち切りになるのも「ジャンプ」流(笑)

 

そして卒業式の日、次回作「SCP」の構想を黒板に書き殴って終了。

 

ですが、この映画の方針を露骨に示すシーンはこの後にあるのです。

それは歴代ジャンプ漫画(ドラゴンボール・ワンピース・ジョジョetc)の背表紙をエンドロールで延々映していくシーン。

ここでジャンプ栄光の歴史を感じることができるわけですが要するに、この映画は「ジャンプ映画」なんです。

 

この映画で監督が描きたかったのは「バクマン。」ではなく「ジャンプという雑誌・そしてそれに関わる人々」。

週刊少年ジャンプ(40) 2019年 9/16 号 [雑誌]

週刊少年ジャンプ(40) 2019年 9/16 号 [雑誌]

 

 

今も昔も少年少女を熱狂させるこの最強の漫画雑誌というもの、そのものを描こうとしたのでしょう。

 

だから映画としては不完全な要素がすごく多いですが(ヒロインとの恋とか添え物もいいとこ笑)、そもそもあの長大で密度の高い原作を完全に映画化するのは無理なので、こういうアプローチもありだと思いますね。