ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

テレビ賛歌を映画でやるという矛盾 グッドモーニングショー 感想

こんにちは!

 

今回は映画「グッドモーニングショー」の感想です。

 監督・脚本 君塚良一

 

あらすじはこんな感じ↓

朝のワイドショー「グッドモーニングショー」のメインキャスター澄田真吾(中井貴一)はある日、勝手に付き合っていると思い込むアシスタントの小川圭子(長澤まさみ)から生放送中に自分たちが交際している事実を打ち明けようと言われる。

その上プロデューサーの石山聡(時任三郎)から番組の打ち切りを宣告されるなど、散々な展開に落ちこむ。さらに突然起こった立てこもり事件の犯人(濱田岳)からの要求で、澄田が現場で犯人と交渉する羽目になり……。

 

この映画の監督君塚さんというのは、残念ながら映画好きからはあまり評価されていない。

だから正直「どうなのかなあ」と若干不安になりながら見ましたか、意外や意外、良かったですよ!

自分が君塚さんの作風にハマったのか、それとも彼がたまたま作風を変えて本作を作ったのかはわかりませんが退屈しないで見られましたよ!

脚本(シナリオ)通りにはいかない!

脚本(シナリオ)通りにはいかない!

 

 

基本的なストーリーがまず面白いですし、冒頭の何げない演出が後半に活きてきたりする演出も非常に良かった!

だから一本の映画としては面白かったし、お勧めできる水準に達していると思います。

 

ただこの映画のテーマって「ワイドショーって確かに下世話だし、大衆の興味(=視聴率)が最優先で倫理を踏みにじることもある。でもワイドショーを作っている人たちは真剣だし、それが人の命を救ったり希望を与えることもある。

刹那的であることがテレビ的な面白さにも通じる。あー、テレビってやっぱり最高ですわ!!!」というものだと思う。

TCL  43V型 4K液晶テレビ HDR搭載 鮮やかな色彩 裏番組録画対応 2019年モデル 43K601U

TCL 43V型 4K液晶テレビ HDR搭載 鮮やかな色彩 裏番組録画対応 2019年モデル 43K601U

 

 君塚さんはもともとテレビ出身の人ですしね。

 

で、このテーマって映画を見てるときはわりとすっと「あー、そうかもねえ」と入ってくる。

でも、映画を見て少し経つとこう思うんです。

「あれ?なんでテレビ賛歌の映画見せられてるんだ?」

「ん?なんでテレビ最高!って映画に言われてるんだ?」

 

そうこの映画、映画という媒体でテレビという媒体の素晴らしさを謳いあげるものになっているんです。

これってなんか変じゃないですかね?(笑)

 

気にならない方もいるとは思います、映画として面白かったならそれでいいじゃないか、と。

確かにそう。

 

でもなんとなーく「あー彼のこういう無神経なところが映画ファンを怒らせるんだろうなあ(笑)」という気もする。

人によっては「面白ければいいじゃん!」、でもまたある人によっては「けしからん!」。

そういう賛否両論ある映画だと思います。

賛否両論 笠原将弘 鶏大事典

賛否両論 笠原将弘 鶏大事典

 

 

これを「お仕事ムービー テレビ編」だととらえる人もいるでしょう。

例えば「ハッピーフライト」みたいに航空会社を舞台にした傑作映画もあるし、これは結局「航空会社で働くのって色々あるけど最高だよね!」というメッセージの映画です。

 

それは良い。

なぜなら映画と航空会社というのは遠い業界だからです。

ハッピーフライト ファーストクラス・エディション [Blu-ray]

ハッピーフライト ファーストクラス・エディション [Blu-ray]

 

 

でも映画とテレビは違う。

そこで働く俳優やスタッフに求められる能力は共通している部分も多い。

映画とテレビというのは極めて隣接した業界です。

なんなら一部被ってるとすら言える。

 

例えるならこの映画はAKB48のライブ会場に「ももクロ命!!!」と書かれたTシャツを着ていくことに等しい。

それを許容できるかできないかが、この映画を良い映画と思えるかどうかの分水嶺となるでしょう。