脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

一応貞子は出るけども・・・ 鈴木光司作「タイド」 感想

こんにちは!

 

今回は鈴木光司作「タイド」の感想です。

タイド (角川ホラー文庫)

タイド (角川ホラー文庫)

 

 あらすじはこんな感じ↓

 高山竜司、二見馨という二人の男の人生を生きた記憶を持つ、予備校講師の柏田誠二は疑問を抱えていた。おれは何のためにこの世界にいるのか…。謎の病に伏した少女を介し受け取った暗号に導かれ、伊豆大島に渡った柏田は、『リング』という本に記された竜司の行動を追うことで、山村貞子の怨念の起源を知る。自らの使命を自覚する柏田だったが、時を越え転生した貞子の呪いに身体を蝕まれ…。新「リング」シリーズ第2章!

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%89-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E3%83%9B%E3%83%A9%E3%83%BC%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%88%B4%E6%9C%A8-%E5%85%89%E5%8F%B8/dp/4041039940?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041039940 2019/11/5閲覧

 

もはや「恐怖」という要素はあくまでも味付け程度で、摩訶不思議なSF・貞子ワールドが展開する、小説版リングシリーズ。

rimokongetao.hatenablog.com

 

この作品も「怖さ」を期待して担体で読んでもさっぱり理解できないこと請け合いで、物語自体は5作品目ながら、どの作品の続編というわけでもないのですが、世界観自体は一作目から連綿と作られた世界を継承。

 

とまあ世界観の話はこれくらいにして、内容の話をすると「何か起きたか?これ」という感じ。

一応ちっさい心霊現象は起きましたが、基本的にはなんだかストーリーが進んでるんだが進んでないんだかよくわからない。

 

というか、この本の中で起きていること自体がよくわからない。

読んでいる最中はなんとなく理解してるんですが、読み終わってみると「?」となる(笑)

 

でも最後に一応貞子出てきますし、熱心なファンの方なら理解できるんでしょうね、おそらく(笑)

 

この小説版リングシリーズは本当に他の小説にはない独自路線を突っ走っているので、是非行くところまで行っていただきたい!(笑)