脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

バズるために必要なのは揶揄とLOVE 橋口 幸生著「100万回シェアされるコピー」 感想

こんにちは!

 

今回は橋口 幸生著「100万回シェアされるコピー」の感想です。

 facebooktwitterなど、短い言葉で自分を表現することが日常化した現代は、「だれもがコピーライターの表現術を知っていて損はない時代」と言えるかもしれません。
企業におけるWEBコピーの重要性も高まってきています。
ただ、いまのところWEBコピーに特化したスタンダードなマニュアルはほとんどありません。

同書はWEBコピーライターの方には「仕事の教科書本」として、一般の方には「SNSなどのWEBのハウツー本」として手にとってもらえるWEBコピーのスタンダードとなる本です

 

https://www.amazon.co.jp/100%E4%B8%87%E5%9B%9E%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC-%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%90%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%80%8C4%E3%81%A4%E3%81%AE%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%80%8D-%E6%A9%8B%E5%8F%A3-%E5%B9%B8%E7%94%9F/dp/4416517246?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4416517246 

2019/11/3閲覧

 

広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門

広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門

 

 

まず、この本、紙の質が良いです(笑)

つるつるしてる。

手触りがまず良い(笑)

 

あと、この本のタイトルは「百万回生きた猫」のパロディでしょう。

表紙に猫いるし(笑)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

 

 

そして内容はというと、ネットでバズる言葉はどういうものなのか?

それを分析し、分類して紹介しているので、非常に分かりやすいし、ためになる。

取り上げられるのも「うどん県」「早慶戦」「石田三成」から「保育園落ちた日本死ね」まで幅広いですしね。

讃岐物産 うどん県のうどん 300g×5袋

讃岐物産 うどん県のうどん 300g×5袋

 

 さて、この本の中で「確かになあ」と思った部分をご紹介します。

それは「バズるために必要なのは、揶揄とLOVE」と言う部分。

つまり「愛のあるいじり」こそがバズりには必要なんだ、と。

 

確かにバズったものにはクスッと笑えるいじりがあります。

しかしそこに愛がなければ「ただの悪口」になってしまう。

 

文豪たちの悪口本

文豪たちの悪口本

 

 

その微妙なさじ加減が「揶揄とLOVE」と表現されているんですね。

 

「揶揄とLOVE」。

是非覚えて帰ってクダサイ(笑)