ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

向井理の祖母の旦那を向井理が演じる! いつまた、君と~何日君再来~ 感想

 こんにちは!

 

今回は映画「いつまた、君と何日君再来~」の感想です。

いつまた、君と ~何日君再来~ [DVD]

いつまた、君と ~何日君再来~ [DVD]

 

 

あらすじはこんな感じ↓

俳優・向井理が祖母の卒寿(90歳)のお祝いに、家族や親せきと自費出版して贈った祖母の手記を、向井自ら映画化に向け7年の歳月をかけて企画してきた意欲作。  主演である、祖母・芦村朋子役には尾野真千子。向井自身は祖父・吾郎を演じ、ふたりは夫婦役としては初共演となった。  さらに、朋子と吾郎の末娘である現代の真美役を岸本加世子、吾郎の先輩・高杉幹夫役に駿河太郎、朋子の父親・芦村忠役にイッセー尾形、現代の朋子役を野際陽子が演じるなど、演技派の名優たちが脇を固める。また、大学生の“理”役は、新人俳優・成田偉心が起用された。  脚本は、向井理の俳優としての転機となったNHK連続テレビ小説ゲゲゲの女房」の脚本家、山本むつみ。同ドラマの撮影終了後、向井が直接原作を手渡し依頼したことで実現した。監督には、『60歳のラブレター』(09)『神様のカルテ神様のカルテ2』(11・14)の深川栄洋。  ゆるぎない夫婦の愛を描いた真実のラブストーリーが誕生した。

STORY

81歳になった芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、亡くなった夫・吾郎との思い出を手記として記録していた。しかし、朋子は突然病に倒れてしまう。そんな朋子の代わりに、孫の理が『何日君再来』と題された祖母の日記をまとめていくことに。  綴られていたのは今まで知ることのなかった、戦中・戦後の困難な時代を生きてきた祖母・朋子と祖父・吾郎の波乱の歴史と、深い絆で結ばれた夫婦と家族の愛の物語だった ―― 。

 

https://www.toei.co.jp/release/dvd/1210358_965.html 2019/11/3閲覧

 

 

まずこの映画、朝ドラ臭がすごい(笑)

なにせキャストが「カーネーション」の尾野真知子、「ゲゲゲの女房」の向井理という、同じような時期に放送されていたメインキャスト二人。

ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房

 

 

そして内容も「あらすじ」をご覧いただければわかるように、戦争を生き抜いた女性の一代記のような感じ。

しかも演出もこう、なんというか、NHKっぽいというか(笑)

 

これってもう完全に朝ドラじゃねーか!という気がします(笑)

 

そして内容もこれまた「あらすじ」をご覧いただければわかるように、向井理さんが自分のおじいさまを演じるという不思議な構造の映画。

 

 

向井 理、ビストロ修行 ハングリー!な簡単レシピ53

向井 理、ビストロ修行 ハングリー!な簡単レシピ53

 

 

しかも彼女のおばあさんのお話ですから「オサム」もきちんと登場し、しかもそれは向井理ではなく別の役者が演じるという、なんか頭がこんがらがりそうな不思議な映画です(笑)

 

向井理純度が非常に高い映画ですので、気になる方は是非!