脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

ブックオフがある! 戸梶圭太作「バカをあやつれ!」 感想

こんにちは!

 

今回は戸梶圭太作「バカをあやつれ!」の感想です。

バカをあやつれ!

バカをあやつれ!

 

 あらすじはこんな感じ↓

 高知県の田舎町に警察署長として赴任したエリート警察官僚と、幼い頃に地域から受けた壮絶ないじめの恨みを抱える町長とが、町を“この世で最低最悪の下層社会”にするプロジェクトを開始した。

大型ショッピングモールの誘致、パチンコ店の新規参入促進、風俗店営業の規制緩和、ホームレスにやさしい町づくり、前科者の再チャレンジ支援などなど、次々に繰り出される「構造改革」。果たして“下流社会”はつくりだせるものなのか?小説界のホリエモン戸梶圭太がおくる渾身の書き下ろし長篇。

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%82%AB%E3%82%92%E3%81%82%E3%82%84%E3%81%A4%E3%82%8C-%E6%88%B8%E6%A2%B6-%E5%9C%AD%E5%A4%AA/dp/4163252606?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4163252606 2019/10/26閲覧

 

 

 「小説界のホリエモン」って大丈夫なんですかね?

時間革命 1秒もムダに生きるな

時間革命 1秒もムダに生きるな

 

 一回逮捕される前提ですか?(笑)

 

これは皮肉に満ちた小説ですね。

例えばこんなセリフがあります。

 「ショッピングモールとパチ屋と金貸しとツタヤとマクドナルドと本番ありのヘルス と質の悪いキャバクラとヤンキー上がりのホストしかいないホストクラブ以外に何がある!誰か答えろ!」

ブックオフがある!」

 

   

 

ブックオフがある!、この台詞からこの地方の閉そく感がバシバシと伝わってきますね。

誇るものがブックオフというチェーン店しかないという悲しさ、そしてそのことに疑問を持っていないという恐ろしさ。

ブックオフの真実――坂本孝ブックオフ社長、語る

ブックオフの真実――坂本孝ブックオフ社長、語る

 

 

人の心をえぐってくる小説です(笑)