ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

正義を追求し続けた男の生き様が泣ける! ワンピース FILM Z 感想

 こんにちは!

 

今回は「ワンピース FILM Z」の感想です。

 

ONE PIECE FILM Z DVD

ONE PIECE FILM Z DVD

  • 発売日: 2013/06/28
  • メディア: DVD
 

 

 

なんといっても今回の主役は「Z」でしょうね。

彼が非常にいいキャラなんですよ。

 

彼は小さいころから愚直に正義を追求し続けた男。

 

A to Z(ONE PIECE Edition)

A to Z(ONE PIECE Edition)

 

 その熱心さと実力のおかげで海軍本部のかなり上層まで上り詰めます。

 

 

 

しかし、その代償として恨みをもった海賊に家族を殺されてしまいます。

その悲しみと海賊への憎しみを胸に、より一層「正義」を追求し続ける彼はしかし、恨みを持つ海賊を王下七武海として政府側に取り込もうとうする政府の方針になっとくができず離反。

 

 

そして自分の真の正義を胸に「ネオ海軍」を作り上げ、世界に混とんと秩序をもたらそうとするのです。

 

ここからわかるように、彼は本当に愚直でまっすぐで、そして不器用

そんな彼が貫こうとする正義は、彼の行動は、本当に責められるべきものなのか?

 

 ラストシーンで出てくる、幼少時代のヒーローのコスプレに身を包んだ「Z]の姿には思わず涙が。

 

   

 

悪役が魅力的であればあるほど作品は輝くもの。

その意味で本作はワンピース映画の中でもかなり傑作の部類に入る作品と太鼓判を押します!

 

 

関連記事はこちら↓

 

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com