ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

又吉直樹作 劇場 感想! 静かに熱いダメ男の生きざまに共感!

こんにちは!

 

今回は又吉直樹作「劇場」の感想です。

 

劇場

劇場

 

 

 

感想を一言で言うと、「頭でっかちのクズ男だけど憎めない!愛おしい!」と言ったところですね。

 

この小説の主人公永田は、売れないアングラ演劇劇団の演出家で、胸の奥底に静かに熱い思いを秘めながらも、根拠のない自信で回りを傷つける、いわば社会不適合者

当然貧乏で、彼女の家に転がり込んで、養ってもらっている「ヒモ」です。

 

 

クズとヒモ1 (♂BL♂らぶらぶコミックス)

クズとヒモ1 (♂BL♂らぶらぶコミックス)

 

 

そんなダメ男な彼の、あまりも痛々しい恋愛・考え・生活が、容赦なく描かれています。

 

この小説は、なんというか「死体写真」とか、「心霊番組」のような、読みたくない・読むのがつらい、けど読んでしまう、というタイプの小説です。

 

 

写真集 デスシーン・死体のある光景

写真集 デスシーン・死体のある光景

 

 

読んでいる最中、なんども「もうやめてくれ!もう勘弁してくれ!」と思いました。

 

本当に痛々しいんです。

でも胸に迫るものがあるんです。

 

例えば永田と、彼の昔の演劇仲間がメールで喧嘩するシーンがあるんですが、ここが本当にすごい。

エゴ、虚栄心、互いへの憎しみが混ざり合って、お互いをののしり合うんですが、ここは本当に心を持ってかれましたね。

人間の自我の醜さというものが、ギュッと凝縮された素晴らしいシーンだと思います。

 

また、物語のメインストリームである、永田とその恋人との、共依存的な恋愛も、愛おしくて、同時にとても残酷で、悲しいものです。

 

このように、非常に面白い本なんですが、自分のような屈折した青春を送ってきた(笑)人間の暗部をえぐってくる、恐ろしい小説でもあります。

 

覚悟してお読み下さい。