ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

中学生の時に見ていたら、人生を狂わされていたかもしれない (笑) 「アリータ:バトルエンジェル」 感想 その1

:こんにちは! 

 

今回は、ジェームズ・キャメロン製作・脚本、ロバート・ロドリゲス監督のSFアクション映画「アリータ バトルエンジェル」の感想です。

 

www.foxmovies-jp.com

 

 公開初日、初回、2D字幕版で鑑賞しました。

 

本作は、「これぞ、超大作映画!」とでも言うべき、素晴らしいビジュアル、めちゃくちゃかっこいいアクション、練り込まれた脚本、素晴らしい演出に支えられた、まさに完璧な映画と言っていいでしょうね、

 

少なくとも自分は、この映画のだめなところはひとつ(しかもそれは直接的に映画のクオリティと関わらないこと)しかなかったので、本当に素晴らしい映画だったと思います。

 

「見に行こうか迷ってる」という方がいたら、悪いことは言いません。

見に行きましょう!

 

少なくともエンターテインメント映画としては、100点満点の出来

そして大暴れするアリータちゃんの勇姿は、映画館の大スクリーンでみてこそ。

 

彼女はCGで表現されているのですが、違和感はゼロ

映像技術はここまできたか、と驚いてきまいますね

 

122分の上映時間中、全く退屈することがありません

 

ただひとつだけ難点をあげるとすると、この映画、字幕の出し方が変!(笑)

 

以下ネタバレありで、詳しく書いていきたいと思います。

まあ、非常によくできて過ぎているため、逆に語ることはあんまりないんですけどね(笑)

 

・主役・アリータの魅力がすごい 

上にも書いた通り、アリータはCGで表現されているのですが、全然違和感なかったですね。

予告編で見たときはちょっと「ん?」て思ったんですけどね(笑)

 

詳しくは別の記事で書きますが、彼女が勇ましく戦う、その姿はまさにバトルエンジェルと言っていいでしょう。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

・無駄がない脚本

この映画の脚本はすごく良くできていましたね。

 

不要なシーンがなく、すべてのシーンが、きちんとどこかに繋がっていく。

 

割と早いテンポで物語は進んでいくんですが、まったく無理矢理感や違和感を感じさせません。

これだれの要素を、ここまでうまく一つの物語に落としこんだのはスゴいです。

 

世界的巨匠ジェームズ・キャメロンが脚本を担当したと知って、納得です。

 

・完璧な演出・アクション

本作の監督を務めたのはロバート・ロドリゲス

 スパイキッズシリーズやシンシティの監督ですね。

 

今回の彼の演出は、アクション・日常シーンどちらも、文句をつけるポイントが見つかりません。

 

すごくストレスフリーというか、絶妙なんですよ。

説明しすぎでもなく、足りないわけでもなく、まさに絶妙。

 

やはりアクションもすごく良かった。

 

CGなどのビジュアルエフェクトがふんだんに使われており、爽快感がすごい

ぜんぜんモタッとしてないんですよ。

 

すごくスタイリッシュ。

 

スローモーションも効果的に使われてましたね。

 

・ビジュアルがツボ!

今作の舞台は26世紀の未来

だからテクノロシーの発展ぶりが見ていて楽しかったですね。

 

また本作の舞台、アイアンシティは無国籍な場所と設定されていて、アジアっぽい要素もけっこう入っていました。

原作が日本の漫画だからですかね。

(ちなみに、自分は原作「銃夢」を読んだことがないので、ストーリーやビジュアル再現度が、原作と比べてどうか、というのはわかりません。)

 

また、サイバーパンクなビジュアルが良かったですね。

敵の武装やビーグルのごてごて感鉄がふんだんに盛り込まれている感じ

それでいて、非常にスタイリッシュ

堪りません!(笑)

 

 

原作漫画が日本人作者によるもののせいか、ビジュアルセンスがすごくツボにハマりましたね。

 

・終わりに

格差社会や、管理社会、サイボーグ、刀などなど、中学生男子が好きそうな要素てんこ盛りの本作は、(タイトルにもしましたが)もし自分が中学生の時に見ていたらと思うと、すこし恐ろしくなります(笑)

 

もし中学生だったら。

おそらく、この映画にめちゃくちゃドハマりして、原作漫画を古本屋で買い、読み込んだでしょうね(笑)

さらにそれでも物足りなくなり攻殻機動隊とかブレードランナーなどの雰囲気が近いものに手をだし、最後は立派なスチームパンカーになっていたのではないかと(笑)

 

 

 

それぐらいの熱量のある作品ですし、色んな要素が詰まった最高のエンターテインメント作品だったと思いますね。

 

これは是非シリーズ化してほしい!