ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

鬼のように不味い豆腐ハンバーグを作ってしまった時の話

こんにちは!

 

皆さんは、自分で作った料理が鬼のように不味い時どうしますか?

私の料理が・・・まずい?

私の料理が・・・まずい?

 

 捨てる?

作り変える?

 

自分は、味を変え、なんとか食べきるようにしてます。

 

捨てるのは農家さんや死んでいった食べ物たちに悪いですし、作り変えると被害が増大しそうで・・・。

 

で、今回は豆腐ハンバーグのお話です。

 

 

大学時代、一人で初めて作った豆腐ハンバーグ。

 

色々な分量を間違った結果、べっちょべちょの豆腐ハンバーグ、というかひき肉と豆腐の炒め物のようなものが出来上がりました。

 

これが鬼のように不味い(笑)

 

自分はそもそもひき肉があんまり好きじゃないんですよ。

だけど豆腐と合わさることで、そのひき肉の嫌な部分が増幅されてしまっていて・・・。

 

もう、一口食べただけで「おえっ!」となったんですが、捨てるわけにはいかない。

 

じゃあどうするか?

 

自分はおもむろにケチャップとマヨネーズとソースを取り出すと、鬼のようにそれをぶっかけ、ぐちゃぐちゃにして無心で食べました。

 

できるだけ味覚をシャットアウトし、味が出ないようにあまり噛まず、口に入れ1・2噛みし、速攻飲み込む。

 

悲惨な食事でした・・・。