脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

日本の小説の歴史上、僕以上に読者に叩かれた作家は存在しない 清涼院流水の小説作法 感想

こんにちは!

 

今回は「大説家・清涼院流水の小説作法」の感想です。

清涼院流水の小説作法

清涼院流水の小説作法

 

 

はっきり言って実用的ではないです。

 

彼のような小説が書きたい!と思ってこの本を読んでも得るものはあまりないでしょうね。

 

内訳としては、自慢4割・経歴3割・アドバイス3割と言ったところでしょうかね。

 

小説作法と言うよりは、「清涼院流水 15周年記念本」と言った感じでしょうかね。

 

自分は彼の初期作品が結構好きなんですよね。

コズミック・ジョーカーとかね。

 

 

最近のも面白いんですが、なんか小器用になりすぎた感じがするんですよねえ・・・。

 

最後に斬新な作品を生み出し続けた彼の珍エピソードをご紹介して終わりにしましょう。

 日本の小説の歴史上、僕以上に読者に叩かれた作家は存在しない、と言っても、その事実を否定できる人はいないと思います。

(中略)

編集者が「彼ら(流水フォロワー)が受けている批判を全員ぶん足しても、流水さんの受けた批判の100分の1くらいでしょうね。」

 

どんだけ?(笑)