ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

これはどうだろう・・・・ 手裏剣戦隊ニンニンジャー 感想

こんにちは!

 

今回は「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の感想です。

あらすじ

戦国時代、伊賀崎家を初めとする忍者たちは、恐怖による天下統一を目論む史上最悪の武将・牙鬼幻月を打ち倒した。

幻月は最期に「444年後に蘇る」という言葉を残し、後に予言通り復活する。

伊賀崎家最強の忍者・伊賀崎好天は、妖怪となり復活した幻月と戦い、48枚もの封印の手裏剣で祠に封じる。好天は後にラストニンジャと呼ばれる伝説の存在となった。

 

2015年。好天の孫である伊賀崎天晴は4年ぶりに放浪の旅から伊賀崎忍術道場に帰ってきたが、突如その道場に謎の怪人たちが出現。

天晴はすぐさまアカニンジャーに変身し、その怪人たちを撃破する。そこには父の伊賀崎旋風に妹の伊賀崎風花、いとこの加藤・クラウド・八雲、松尾凪、百地霞も集まっていた。

旋風は5人に幻月が言う444年後とは実は今年ではないかと告げ、幻月が封じられた祠を見せる。

だが、それと同時に祠の封印が十六夜九衛門によって解かれ、妖怪たちが幻月の復活を目指して、人々を襲い始める。

天晴たち5人は旋風から忍者一番刀を託され、手裏剣忍法の使い手・ニンニンジャーに変化し、手裏剣戦隊として妖怪退治に挑む。

   

・一言でいうと

うーん、ひどい(笑)

現在放送中のリュウソウジャーが「ただただ面白くない」のに対し、このニンニンジャーは良くも悪くも「とにかくひどい」

rimokongetao.hatenablog.com

 

とっ散らかったストーリー、過剰なキャラクターたち、カオスな世界観。

これは好き嫌いがかなり別れそうな印象ですね。

 

自分は、あんまりノれなかったかなあ(笑)

 

「よくなかったところ ・・・」

 

・レッド・ブルーの演技 

本作のレッド・西川俊介さん、ブルー・松本岳さんという番組を引っ張るポジションの二人の演技が最後まで棒だったのが気になる(笑)

棒読み演技というか、滑舌かなあ?(笑)

西川俊介ファースト写真集 DIAMOND

西川俊介ファースト写真集 DIAMOND

 

 

西川さんてほんとイケメンだし、けっこう「お!」という表情をするような場面も終盤はありました、口を開かなければ。

そう!彼は「しゃべらなければイケメン」タイプ(「しゃべるとボロがでるタイプ」ともいう笑)というか、口を開くと演じているキャラクターもあってか、猛烈にバカに見えるんですよね(笑)

 

そして松本さんは、最後まで弾けなかった印象が・・・。

 

・行き当りばったりのストーリー

本来自分はこういうぶっ飛んだ作品は好きなはずなんですが、あまりノれなかった。

それはそのぶっ飛びっぷりが手段ではなく、目的になっているからかもしれません。

自己目的化したカオスは自演臭がしてどうもね・・・。

カオス<CHAOS> スペシャル・プライス [DVD]

カオス スペシャル・プライス [DVD]

 

 

「よかったところ!」 

・四回のレジェント客演!

本作では「カクレンジャー」「ハリケンジャー」「ジライヤ」「マジレンジャー」からキャラクターが客演してくれています。

 しかもそれぞれ必然性があって登場しているので、ただ出るよりも密接に物語に関われるので、それもよかった!

特オタ的には大興奮ですよ!

 

・女子メンバーが良い!!!

 今回は男子メンバーが「うーん・・・」だった反面、女子メンバは非常に良かったですね!

 

妹キャラとお姉さんキャラ、かわいい系と美人系、天真爛漫としっかりもの、記号的ではありますが、キャラクターがきちんと割り振られていて「うん、良い!!!」と楽しんでおりました(笑)

 

「まとめ」

正直、スーパー戦隊シリーズ40年も続いてりゃこういうのも出てくるよなあ、というか、まあはっきり言えばあんまり好きな戦隊ではありません(笑)

「雑」という印象がどうしても拭えない。

 

自分の傾向から見ると、戦隊は女性がメイン脚本のほうが好きなのかもしれないですね、トッキュウしかり、ルパパトしかり、ジュウオウしかり。

 例外は荒川さんですね(笑)