脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

ダイイングメッセージが・・・ 時効警察はじめました 第三話 感想

こんにちは!

 

今回は「時効警察はじめました 第三話」の感想です。

帰ってきた時効警察DVD-BOX

帰ってきた時効警察DVD-BOX

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 

 霧山修一朗(オダギリジョーはある日、“婚活の女神”と呼ばれる凄腕婚活アドバイザー・琴吹町子(中山美穂)に関する話に興味を抱く。なんでも町子が婚活の技やマナーを伝授するセミナーのプレミアム会員は、ほぼ全員が結婚。結婚できなかったのは時効事件で殺された女性だけらしいのだ!
 その事件は25年前、新たに結婚が決まった3人の女性会員とその婚約者たちを祝うバーベキューパーティーの最中に起こった。なんと参加者の後藤紗良(安藤聖)が遺体となって発見されたのだ。凶器に使われたのは、紗良の婚約者・城崎公彦(別所哲也)が会場に持参したナイフセット。しかも、犯人はなぜか殺傷能力の低いハサミと小型ナイフをわざわざ選んで使っていた…。当時、城崎が紗良にののしられていたという目撃談もあり、容疑の目は城崎へ向けられることに。だがその矢先に町子が、事件発生時刻に城崎と2人きりで話していたと証言。結局、事件は時効を迎えてしまったという。
 さらに、この事件にはもうひとつ奇妙な点があった。現場に被害者のダイイングメッセージと思われる「MISTAKE」の文字が残されていたのだ。その写真を見た刑事課の彩雲真空(吉岡里帆は、「S」の筆跡だけが妙に太いことに気付く。さらに、町子と城崎が今では夫婦だということも分かり…!
 “アリバイ証言者と被疑者の結婚”という現状に引っかかった霧山は、町子から話を聞くため、助手の三日月しずか(麻生久美子と共にセミナーの無料説明会へ。だが、事件解明の手がかりになる話は聞き出せず…。そんな中、不意に霧山は町子からデートに誘われることに。しかも町子に手を握られ、恋人候補に立候補したいと告げられた霧山は、恋の魔法がかかったようにボーッとしてしまい…!?

脚本:小峯 裕之
監督:今泉 力哉

 

https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/story/0003/ 2019/11/6閲覧

時効警察はじめました(上) (角川文庫)

時効警察はじめました(上) (角川文庫)

 

 

今回は「マナー」が学べる回でしたね!皆さん!

ただこのドラマに出てくるテーブルマナーが本当なのかは謎なところですが(笑)

   

そして個人的に一番笑ったのは今回の被害者ですね。

嫌な奴すぎるでしょうよ(笑)

 

帰国子女の一番嫌われるタイプのやつ(笑)

高慢で相手を上から目線で見おろし、でかいジェスチャーで挑発。

 

殺人を肯定する気はありませんが、あの嫌さたっぷりの芝居なら思わず刺殺してしまってもしょうがないかも、と思ってしまいましたね。

 

ただね、今回のダイイングメッセージはわかりやすすぎるでしょう(笑)

 

どんだけ当時の警察は無能だったの?

 

そこが知りたい! 日本の警察組織のしくみ

そこが知りたい! 日本の警察組織のしくみ

 

 

むしろあのトリックだと当時の方が気づきやすいと思うんだけどなあ・・・。