脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

文科省選定の子供はけっこう毒舌 ぼくとママの黄色い自転車 感想

こんにちは!

 

今回は映画「ぼくとママの黄色い自転車」の感想です。

ぼくとママの黄色い自転車 [DVD]

ぼくとママの黄色い自転車 [DVD]

 

 監督 河野圭太 脚本 今井雅子

 

あらすじはこんな感じ↓

秘密を背負った家族の、信頼と絆の再生を描いた愛と感動の物語。
新堂冬樹のベストセラー「僕の行く道」を、『子ぎつねヘレン』の俊英、河野圭太が完全映画化!一人の少年の冒険と成長を通して、家族の絆と愛情、そして彼を巡る人々の温かい心を詩情豊かに描きだした。出演は、主人公の少年・大志に大ヒット作 『いま、会いにゆきます』の映画版、ドラマ版両作に出演しその演技力が注目を浴びた、武井証。記憶障害を持つ母親に、数々の映画、テレビで幅広い活躍を続ける日本を代表する女優の一人、鈴木京香。妻と息子の間で苦悩する父親には個性的な演技で人気の実力派、阿部サダヲが新境地に挑んだ。他に西田尚美甲本雅裕柄本明鈴木砂羽市毛良枝といった演技派たちが脇を固め、そして、さだまさしがこの映画のために主題歌「抱きしめて」を書き下ろした。

【ストーリー】
父・一志(阿部サダヲ)と二人暮らしの大志(武井証)は、長くパリに留学中の母・琴美(鈴木京香)から毎週届く手紙を楽しみにしていた。しかし夏休みのある日、大志は母がパリではなく瀬戸内海の小豆島にいることを知る。どうしても母に会いたかった大志は、母からもらった黄色い自転車に乗り、愛犬のアンを連れ、父には内緒で横浜から500キロもある小豆島に向けたった一人で旅立つ。それは大志にとって人生ではじめての大きな冒険だった。大志の一途な想いが、旅の途中で出会った大人たちの気持ちを変化させながら、大志自身も大きく成長していく。そして、息子が母の元に向かったことを知った一志も、息子を追って小豆島に向かうが・・・。

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%A8%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%81%AE%E9%BB%84%E8%89%B2%E3%81%84%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A-DVD-%E6%AD%A6%E4%BA%95%E8%A8%BC/dp/B002T0M976?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B002T0M976 2019/11/3閲覧 

ぼくとママの黄色い自転車[文庫] (小学館文庫)

ぼくとママの黄色い自転車[文庫] (小学館文庫)

 

 

内容自体は、特に語ることはありません。

親が子供に見せたい映画ってやつでしょう。

さすが 文科省選定映画。

   

でもね、この主役の美少年、なかなかの毒舌なんですよね(笑)

「お父さんに言っても無駄」とかなんとか、なかなかストレートな物言いをぶつけてきます。

 

女子高生の無駄づかい(1) (角川コミックス・エース)

女子高生の無駄づかい(1) (角川コミックス・エース)

 

 そしてその毒舌が極まったのが、母親との対面シーン。

なんやかんやあって実は母親は植物状態(?)のような状況だった、ということが判明し、やっとその母親と対面して一言。

 

「こんなお母さんやーだ!」

 

うん、言うよねー(笑)

普通思ってもそれ、ひっこめるよねー(笑)

うちの執事が言うことには 豪華版 [Blu-ray]

うちの執事が言うことには 豪華版 [Blu-ray]

 

 このシーンでけっこう「ぎょっ」としたのと(もちろんそのままでは終わらないけどね)、文科省選定というギャップにちょっと驚いた映画でした。