脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

大人の良質なミステリー 米澤 穂信作「追想五断章」 感想

こんにちは!

 

今回は米澤 穂信作「追想五断章」の感想です。

追想五断章 (集英社文庫)

追想五断章 (集英社文庫)

 

/大学を休学し、伯父の古書店に居候する菅生芳光は、ある女性から、死んだ父親が書いた五つの「結末のない物語」を探して欲しい、という依頼を受ける。調査を進めるうちに、故人が20年以上前の未解決事件「アントワープの銃声」の容疑者だったことがわかり―。五つの物語に秘められた真実とは?青春去りし後の人間の光と陰を描き出す、米澤穂信の新境地。精緻きわまる大人の本格ミステリ

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4087468186?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div 2019/11/13閲覧

真実の10メートル手前 (創元推理文庫)
 

 

殺人が起きるわけでもないし、名探偵が登場するわけでもない。

でもやっぱりこれはミステリーなんです。

しかも良質な。

   

まさに「大人のミステリー」

かつて素人作家の父親が書いた5つの物語。

それが実は彼と娘、そして母親の間に起きた事件の真実の断片でもあった。

その構造の見事さ。

Iの悲劇

Iの悲劇

 

 さすが米澤 穂信さんですね。

まあさすがに真相は書けませんが(笑)

 

また自分としては主人公が落ちこぼれ法学部生という部分も共感ポイントですね、自分もそうだったので(笑)

米澤さんも法学部卒なのかと思って調べてみたら、金沢大学文学部卒だそうです。

まあそりゃそうですよね、作家なんだから(笑)