脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

成金意識と論理矛盾と説教臭さとしょうもなさと 映画「億男」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「億男」の感想です。

億男 豪華版(特典Blu-ray付Blu-ray2枚組)
 

 監督: 大友啓史

 

あらすじはこんな感じ↓

 兄が3,000万円の借金を残して失踪して以来、図書館司書の一男(佐藤健)は、夜もパン工場で働きながら借金を返済している。妻・万左子(黒木華)は度重なる借金の返済に苦心し窮屈に生きることしか選んでいない一男に愛想を尽かし、離婚届を残して娘・まどかと一緒に家を出てしまうのだった。そんな踏んだり蹴ったりの一男だったが、突然宝くじが当たる。当選金額3億円! これで借金を返せるだけでなく、家族の絆を修復することができるはず。だがネットを見ると、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているという記事ばかり…。怖くなった一男は、大学時代の親友であり、起業して億万長者となった九十九(高橋一生)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた――。
3億円と親友のゆくえを求めて、一男のお金と幸せをめぐる冒険が始まった。九十九の家のパーティで出会った“あきら"(池田エライザ)と名乗る女性を頼りに、かつて九十九と起業した仲間=“億男"と呼ばれる億万長者たちに九十九の手掛かりを探る。ギャンブル好きの実業家:百瀬(北村一輝)、マネーセミナーの教祖:千住(藤原竜也)、10億円を隠し持つ主婦:十和子(沢尻エリカ)…。クセ者ぞろいの億男たちを渡り歩く“地獄めぐり"に翻弄される一男。お金、友情、そして家族。すべてを失った男が最後にたどり着くのは?お金とは何か?幸せはどこかー

 

https://www.amazon.co.jp/%E5%84%84%E7%94%B7-%E8%B1%AA%E8%8F%AF%E7%89%88-%E7%89%B9%E5%85%B8Blu-ray%E4%BB%98Blu-ray2%E6%9E%9A%E7%B5%84-%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%81%A5/dp/B07NHFT69W?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07NHFT69W 2019/11/20閲覧

 

 

億男 (文春文庫)

億男 (文春文庫)

 

 

しょうもない映画でしたね。

スター役者の個性と個人的技能に頼り切った演出、大して中身のないストーリー、うさんくささ、そして無駄に金だけはかかっている感。

 

非常にしょうもない。

 

「金に囚われず、楽しく生きようぜ☆」みたいな非常にうっとうしいメッセージを、近年の日本映画界きっての成功者・川村元気から言われても「うるせーよ」としか言えない(笑)

仕事。 (文春文庫)

仕事。 (文春文庫)

 

 

そのくせわりとそうでもいいシーンでなぜか海外砂漠ロケ(だと思う、もしくは鳥取砂丘笑)をする謎の金の掛け具合に、「なんか矛盾してねーか?」とも感じるし(笑)

   

というか終盤の落語を聞かせるシーン、あれまじで誰も得しないよね(笑)

だったら冒頭で本物の落語家がしゃべってるのを聞かせる方が、この映画のテーマを伝わりやすくするし、良いと思うんだけどなあ。

 

面白いと感じる人もいるでしょうが、成金意識と論理矛盾と説教臭さと、何よりしょーもなさを感じてどうも自分はダメな映画でしたねえ・・・。