ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

コードギアス 反逆のルルーシュ 最終話「Re;」 考察 中編 馬車を引いた男はルルーシュ!

 

こんにちは!

 

いよいよルルーシュの誕生日・12月5日「復活のルルーシュ」が発売しますね!

 

さて、前回はルルーシュはコードを継承したのか?という点まで書きました。

 

今回はそれを踏まえてこの謎を考察します。

 

それは最終話、ラストシーンでC.C.が載っている馬車に関するもの。

つまり、

馬車を引いていた男は誰か?

という謎です。

 

カボチャの馬車L ホワイト

カボチャの馬車L ホワイト

 

 

ですがこれ、もっと正確に言うと

馬車を引いていた男はルルーシュか否か?

という点に収斂できます。

 

もしルルーシュが一度死に、コードを継承したと考えるのなら馬車の男はルルーシュ。 

コードを継承に失敗したのなら、ただのモブ。

 

 

そう割り切っていいと思います。

 

で、自分の結論としては、ルルーシュである」、そう考えています。

ネットでは「十字架」だとか「版権イラストが」みたいな根拠もありますが、それよりも何よりも。

 

ただのモブをあんな意味ありげに映さないでしょ?(笑)

だからあれはルルーシュなんです!!(笑)

 

とここまでは10年前にもあった考察ですが、ここからが「復活のルルーシュ」を踏まえての考察です。

 

それは「馬車を引いた男はルルーシュだけど、ルルーシュは馬車を引いていない」といいうものです。

 

 

つまり、あの馬車に乗っている時のルルーシュは「復活のルルーシュ」冒頭の、虚脱状態ルルーシュだったのではないか?という説なのです。

そして、虚脱状態だと馬車は引けませんから、あれは馬車を引いているように見えただけで、実際はお馬さんのうえに載っているだけだったのです!!!(笑)

 

   

 

根拠としては、なんかこう・・・生気がないっしょ?(笑)

あと、C.C.に話しかけられて、通常のルルーシュだったら憎まれ口の一つでも返すでしょう。

 

 

だんまりってのはなんか変。

 

ゆえに、馬車を引いてたのはルルーシュ

だけども「復活のルルーシュ」冒頭のように、コードを継承はしたものの(肉体は復活したもの)、精神はまだCの世界に囚われた状態、という解釈です。

 

次回は最後、TV版の世界でルルーシュはCの世界から脱出できたのか?

そしてコードギアスはループしているのか?について考えたいと思います。