ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

コードギアス 復活のルルーシュ 考察 よくわからないシャムナ戦の演出意図とは? 

こんにちは! 

 

今回は「コードギアス 復活のルルーシュ」についての考察です。

 

 

コード継承者に「なりそこね」たことにより変性したシャムナのギアス・無限新生。

死ぬことで6時間前に戻り、時をやり直すことができるという、チート級のギアスです。

劇中では「死に戻り」と呼ばれていましたね。

 

このギアスが最大限発揮されたのがシャムナVSルルーシュの最終決戦なんですが、ここがよくわからないことが多いんです。

 

   

 

大まかにわけて疑問は三つ。

①なぜルルーシュはシャムナのギアスを特定できたのか

②C.C.にはギアスが効かないとはどういうことなのか

③そもそもルルーシュはシャムナに一度も負けていないのではないか

 

 

これについて書いていきたいと思います。

 

疑問① なぜルルーシュはシャムナのギアスを特定できたのか

シャムナのギアス・無限新生ですが、まず自分はこれをパラレルワールドを行き来する能力」だと解釈しています。

 

例えば劇中で最初にシャムナがギアスを使った場面。

彼女はルルーシュに攻め込まれ、対策しきれず勝てないと悟った。

だから死んで6時間前に戻った。

そして、ルルーシュ対策をしっかりして、再度ルルーシュに挑みました。

 

 これは劇中で起きたことを文字化しただけなんですが、ではこの時何が起きているのか。

シャムナが最初いた世界をAとすると、彼女はAを見捨て、勝てる可能性のある別の世界・Bに逃げ込んでいるのです。

重要なのは、Aの世界をやり直しているわけではない、ということです。

 

シャムナの行動がまるっきり変わっているわけですから、それはもうAではなく、新しい世界Bです。

そしてこの世界はシャムナ以外の行動は一緒なので、Bの世界のルルーシュがいるわけです。

 

ここまでは良い。

問題はなぜ劇中のようにルルーシュがシャムナのギアスを絞り込んでいくことができたのか?ということです。

 

コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道 [Blu-ray]

コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道 [Blu-ray]

 

 

時間を繰り返している(ように見える)のはシャムナだけなので、シャムナがギアスを使うたび、ルルーシュの記憶はリセットされます(というか、シャムナが戦っているのは、毎回別の世界のルルーシュ)。

 

なので、ルルーシュがシャムナがギアスユーザーである、という仮説にたどり着いたとして、劇中のように「あと10個!」みたいにカウントダウン式で思考する理由がよくわからない。

 

まあでも、ここは演出が少々分かりづらかっただけなのかもしれません。

ああいう演出をされると、まるでシャムナと一緒にルルーシュも時間を繰り返しているように見えます。

 

が、本当は最終決着世界のルルーシュと、世界を行き来するシャムナを交互に描いているだけで、二人の時間軸(世界線)はまったく重なっておらず、演出でわかりやすくしているだけ、なのかもしれません。

(というかそうじゃないと説明がつかない)

 

さて、次回は②③の謎について考察します!