脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

スザク、キレる コードギアス 復活のルルーシュ 感想 中編

こんにちは!

 

今回は「コードギアス 復活のルルーシュ」の感想です。

 

コードギアス 復活のルルーシュ (特装限定版) [Blu-ray]

コードギアス 復活のルルーシュ (特装限定版) [Blu-ray]

 

 

今回は前編、ルルーシュ復活~最終決戦前まで、です。

 

時系列順に箇条書きスタイルで行きます!

 

・復活早々スザクにぼこられるルルーシュ

ここでスザクがルルーシュを殴った気持ち、よくわかります。

どれだけの覚悟でスザクは親友・ルルーシュを殺し、そしてゼロとなったのか。

その覚悟を踏みにじられ、そしてまた嘘をつかれた、この二つの気持ちから、スザクはルルーシュを殴ったのでしょう。

 

   

 

ルルーシュランペルージとして

ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアとしてではなく、ルルーシュランペルージとして。

死んで復活した、超常の存在となったルルーシュは本来、世界に介入してはならない。

それが彼の美学。

それをまげてでもナナリーを守りたい。

兄弟愛を感じさせます。

 

 

・人にものを頼めるようになったルルーシュ

復活してからのルルーシュは、俗っぽさが抜けていますよね。

福山さんの演技もあって、何か修行僧のような、聖人のような雰囲気すら感じさせます。

 

・オレンジを持ってくるジェレミア卿

「オレンジ事件」から人生が一変してしまったジェレミア。

そんな彼が今はオレンジを育て、ルルーシュに献上する。

丸くなったねえ(笑)

 

 

・「全ては終わったことだ」

この一言で扇を赦したルルーシュ

基本的にこの映画はルルーシュが赦されるお話ですが、彼もまた人を赦す。

赦し合いの映画ですね。

 

・スザクの孤独

「キミ(=ルルーシュ)がいない世界」。

誰にも自分の正体を言えず、人間としての幸せを捨てて、世界の平和のために生きる。

これは孤独ですよ。

しかも、これから誰か、自分の理解者が出てくる可能性もほぼない。

 

 

ルルーシュが復活して一番報われたのは、彼かもしれません。

CCとは折り合いが悪そうですしね(笑)

 

次回で最後です!

お楽しみに!