ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

不満注意! 反逆から復活へ コードギアス 復活のルルーシュ 感想

こんにちは!

 

今回は映画「コードギアス 復活のルルーシュ」の感想です。

 

コードギアス 復活のルルーシュ (特装限定版) [Blu-ray]

コードギアス 復活のルルーシュ (特装限定版) [Blu-ray]

 

 

時系列的に細かく感想を書く記事はほかにあげていますが、今回は映画全体としての感想を書きたいと思います。

 

まず、↑の特装版に封入されているブックレットにある、谷口監督の言葉をご紹介します。

「この映画のポイントの一つは、赦しです。許しではなく、赦し」。

 

そう、以前この↓記事でも書きましたが、この映画は結局「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアとしてゼロレクイエムで死んだルルーシュが、ルルーシュランペルージとして罪を赦され、迷惑をかけた人々と和解し、LLとして再誕する物語」なんです。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

だから、彼がいかに「赦される」のか、「かつての罪を償うのか」がこの映画の主題。

だからこそ今回のルルーシュは出来るだけ人を殺さないし、騙さない。

ゼロレクイエムの時よりも、かなり達観した印象を受けます。

 

だって彼は、世界を憎み、変革しようとした「反逆のルルーシュではなく、コードを継承し、世界の理から解き放たれた「復活のルルーシュなのですから。

 

そういう、ルルーシュ(とCC)の物語」という、主軸の部分は本当に素晴らし映画だと思います。

 

 

劇場で見た時は、そこだけで大満足でした。

 

ただ今回、ある程度冷静な目で映画全体を眺めると、いくつか不満も出てきました。

やはり一番は尺が短すぎる、ということでしょう。

 

上に書いた「ルルーシュの物語」に加え、レギュラーキャラのその後、さらにジルクスタンの多数の新キャラを(敵として)活躍させる、この三つの要素を120分以内で納めるというのは、やはり時間的に無茶だったような気がしますね、

 

レギュラーキャラとルルーシュの絡みが見れるのは今回で最後でしょうから、もう少ししっかり見たかったところ。

 

そして一番はやはり、シャーリーの扱いでしょう。

 

 

劇場版三部作でわざわざ生き残らせたのなら、もう少し活躍、というかルルーシュと会話をするシーンが見たかった。

エンドカードルルーシュと話したことはわかりはしますけどねえ。

 

   

 

さらに、めんどくさいオタクの妄想を言うと(笑)、一瞬で良いからロロにも触れてあげてほしかったなあ(笑)

シンクー・マオ並みにいなかった人になってない?(笑)

 (マオは本当に存在自体抹消されましたけども笑)

コードギアス 反逆のルルーシュ ぷちどーる ドームマグネット 07 ロロ
 

 

まとめ

一本の映画としてきれいにまとめる、コードギアスらしい美学だとは思いますが、前後編にしても良かったんじゃないかなあ。

 

それこそ、前編ではジルクスタンやレギュラーキャラをしっかりと描いて、「もうだめだ・・・」となったところで、ルルーシュ復活!後編に続く!

 

 

で、後編でルルーシュ大活躍!シャーリーも大活躍!

みたいな。

 

ファンとしては、どれだけ続いてもいいから、ルルーシュをもっと見たかった、というのが正直なところかもしれません。