ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

驚くけど怖くはない IT それが見えたら終わり 感想

こんにちは!

 

今回は「IT それが見えたら終わり」の感想です。 

 

 

 

あらすじはこんな感じ↓

ラー映画史上No.1大ヒット!
この恐怖をあなたは広められずにいられるか?!

子供が消える街に、“それ"は現れる。

一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。
相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。
悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ"は現れる。“それ"を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。
しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ"に遭遇していた。

自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ"は、どこへでも姿を現す。
ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ"に立ち向かうことを決意するのだが…。
真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%88-%E2%80%9C%E3%81%9D%E3%82%8C-%E3%81%8C%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%9F%E3%82%89%E3%80%81%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%80%82-Blu-ray/dp/B07DVQ5MTM/ref=pd_aw_sbs_74_6/358-9089365-1215640?_encoding=UTF8&pd_rd_i=B07DVQ5MTM&pd_rd_r=ea004d61-107c-4d07-8a5d-2741908ece24&pd_rd_w=w2Ws6&pd_rd_wg=PaGAj&pf_rd_p=aeee4cf9-9af8-43b4-b05c-0ae7c82d9d5e&pf_rd_r=DBHT71G9KHWDSYBK41J5&psc=1&refRID=DBHT71G9KHWDSYBK41J5 2020/1/13閲覧

 

 

ホラー映画というよりも、モンスター映画と言う感じですね。

 

 

ペニーワイズは、身体が変化したり、幻影を見せたり、謎のダンスを踊ったり、下水道から誘ってみたりと色んなことをしますが、それも心霊現象と言う感じはしない。

 

なので「怖かった?」と言われると、いや、怖くはない、と答えることになるでしょう

またペニーワイズが出てくるのも法則性がよくわからない。

   

なので「くるぞくるぞ・・・」とじわじわ怖いというよりは、「バッ!!!」と出てくるので「うわ!びっくりした!!」という程度。

 

 

決して怖いわけじゃなく、ただ驚かされるだけ。

 

またこのペニーワイズの正体も、目的もよくわからないまま終わる。

そこは完結編で、ということなんでしょうが、消化不良感は否めません。

 

悪くはないんですが、うーん、やはり日米では恐怖に対する考え方が違うみたいですね。