ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

無言のチョコレート贈与はある意味暴力だというお話&義理×マジの可能性の考察

こんにちは!

 

世間はホワイトデーですね。

 

 

バレンタインデーのお返しをする季節ですね。

 

ということで、今回はホワイトデー(&バレンタインデー)の哀しいお話を披露したいと思います。

 

あれは下駄夫が小学校高学年の時(何年生かは忘れた)。

バレンタインデーの日、クラスメートの女子から「放課後公園に来て」と言われました。

その時点でなんとなく嫌な予感はしていました。

その日に、そういう呼び出しがかかるということはつまり、そういうことでしょう。

 

 

クラシエ チュッパチャプス フラワーブーケ(12本入)

クラシエ チュッパチャプス フラワーブーケ(12本入)

  • 発売日: 2016/03/07
  • メディア: 食品&飲料
 

 

結果、案の定でした。

チョコレートをもらいました。

 

問題は、渡されるとき「食べて!(的なニュアンスの言葉)」とだけ、言われたことです。

何が問題かわりますか?皆さん。

 

   

 

そうですね!

これが「好き」という意味を込められたチョコレート(マジチョコ)なのか、それとも義理チョコなのかわからない、ということです。

 

 

まあ一般的に考えれば、バレンタインデーの日に、わざわざ放課後呼び出して、チョコレートを渡す、ということは「好きだ」というメッセージな可能性が高いです。

 

しかし!

しかしです。

義理チョコの可能性もなくは、ない。

 

どっちなのか?

 

わかりません。

今も、わかりません(笑)

 

 

当時、下駄夫少年がどんな対応をしたのか、どんなお返しをしたのか、まったく覚えていません(笑)

 

ホワイトデーに何か買ってお返しをしたのは覚えていますが、何を買ったのか、何と言って渡したのか、不思議とまったくおぼえていません(笑)

 

ただ、今思い返して考えると、タイトルにもあるように「無言のチョコレート贈与はある意味暴力だなあ」と思います。

 

 

 

おそらく下駄夫少年も当時、義理なのかマジなのか、思い悩んだはずです。

大いに悩んだはず、です(笑)

 

可能性としては4パターンあって、

 

少女 マジ/少年 マジ(少女がマジのつもりで渡して、少年もマジと受け取るパターン)

 

         義理(少女がマジのつもりで渡して、少年は義理と受け取るパターン)

 

少女 義理/少年 マジ(少女が義理のつもりで渡して、少年はマジと受け取るパターン)

 

         義理(少女が義理のつもりで渡して、少年も義理と受け取るパターン)

    

 

 

両者の解釈が一致している時は良いんです。

 

問題となるのは、両者の解釈が食い違っている場合。

これは、悲惨ですよお・・・。

 

少年が鈍感だった場合、無自覚に少女の心を傷つけることになりますし、義理チョコなのに少年が勘違いしてしまい、告白ならしようもんなら彼は「勘違い野郎」と化し、翌日クラス中でいじられまくるのは予想しうる展開です。

 

嗚呼、シャイとは時に暴力であり、悲劇を引き起こすのです・・・。

 

なので皆さん!

悲しい誤解を防ぐために、バレンタインデーにチョコを渡すときには、ちゃんと義理なのかマジなのかわかるようなメッセージを発しましょうね!!(笑)