ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

麻生久美子×ケラリーノ・サンドロヴィッチ ドラマ「怪奇恋愛作戦」 感想

こんにちは!

 

今回はドラマ「怪奇恋愛作戦」の感想です。

 

怪奇恋愛作戦 DVD BOX

怪奇恋愛作戦 DVD BOX

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2015/04/15
  • メディア: DVD
 

 

監督・脚本 ケラリーノ・サンドロヴィッチ

 

あらすじはこんな感じ↓

 愉快なアラフォー三人娘が恋に仕事に謎の怪奇現象との闘いに、遅すぎた青春を燃やします!

“奇才"ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督が豪華スター&スタッフ競演で贈るポップなホラーラブコメディ!
ホラー×ラブコメ=「怪奇恋愛作戦」!
麻生久美子、坂井真紀、緒川たまきという日本屈指のコメディエンヌをはじめ、
犬山イヌコ大倉孝二、山西惇、今野鮎莉、水澤紳吾、岩崎う大(かもめんたる)、槙尾ユウスケ(かもめんたる)、池谷のぶえなど個性豊かなキャストが集合!
仲村トオルコメディリリーフとして完全に新境地を開拓!
小澤征悦成海璃子萩原聖人高橋ひとみピエール瀧など各話で登場する豪華特別ゲストにも注目!
OPは女王蜂、EDは電気グルーヴが担当!

 

https://www.amazon.co.jp/%E6%80%AA%E5%A5%87%E6%81%8B%E6%84%9B%E4%BD%9C%E6%88%A6-DVD-BOX-%E9%BA%BB%E7%94%9F%E4%B9%85%E7%BE%8E%E5%AD%90/dp/B00SAKZ6Q0?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00SAKZ6Q0 2020/1/29閲覧

 

 

Fallin' Down [Analog]

Fallin' Down [Analog]

  • アーティスト:電気グルーヴ
  • 出版社/メーカー: KI/OON / JET SET
  • 発売日: 2015/09/04
  • メディア: LP Record
 

 

怪奇大作戦」を元にした作品という印象ですね。

ふり幅のあるエピソードが前後編で全6本、たっぷりと楽しませてもらいました。

 

そもそもこのドラマは世界観が奇妙で、幽霊も悪魔もドラキュラも妖怪も、いるんです。

で、登場人物たちはそれをわりとあっさりと受け入れるんです(笑)

 

その先で起きる、怪騒動・珍騒動が楽しい。

 

ヴィーナス(完全生産限定盤)

ヴィーナス(完全生産限定盤)

  • アーティスト:女王蜂
  • 出版社/メーカー: SMAR
  • 発売日: 2015/02/25
  • メディア: CD
 

 

タイトルは「怪奇恋愛作戦」ですが、恋愛にはそこまでウェイトは置かれておらず、怪奇の方にフォーカスした作品が多いですね(結局、誰の恋愛も成就してないし笑)

 

以下、各編の簡単な感想です。

(タイトルは勝手につけました笑)

 

マッドサイエンティスト篇(1.2話)

これを初っ端に持ってくるのがすごい(笑)

これはなかなかクレイジーな世界観ですからねえ(笑)

特撮的な要素が強く出ており、一番「怪奇大作戦」ぽいかもしれません。

 

 

怪奇大作戦 Blu-ray BOX

怪奇大作戦 Blu-ray BOX

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日: 2019/03/06
  • メディア: Blu-ray
 

 

・年喰い編(3.4話)

普通、こっちを最初に持ってきそうなもんですけどねえ(笑)

女性の年齢への執着は恐ろしいというお話です。

毬谷友子さんの妖怪演技がハマってます(笑)

 

・イケメンドラキュラ編(5.6話)

いつまでも高校生のままのイケメンドラキュラ。

最初は彼よりも年下だったのに、いまでは母と息子にしか見えなくなってしまった女性。

 

エンターテインメントアーカイブ 怪奇大作戦 (NEKO MOOK)

エンターテインメントアーカイブ 怪奇大作戦 (NEKO MOOK)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2019/03/23
  • メディア: ムック
 

 

この二人の永遠に交わらない関係性が残酷です。

 

・悪魔・ブイヨン篇(7.8話)

悪魔の声は今は亡き(笑)ピエール瀧

ここでは特撮ヒーローが登場し、悪魔も登場し、芸能人も登場し(笑)、と盛りだくさんなエピソードです。

 

・不老不死の美少女編(9.10話)

真野江里菜、確かに年齢不詳感ありますね。

比較的良い話です。

 

・殺人村編(11.12話)

トリをかざるエピソードですが、これはなかなか衝撃です。

11話で主要人物がほぼ全員村人に殺され、最後には麻生久美子も・・・というところで終了。

最終話では、再び11話と同じように始まり、麻生久美子だけがそこに違和感を持つ。

そう、実はセカイはループしていたのだ!!

 

 

というなかなかびっくりなお話。

そして最後、全てが解決した後、麻生久美子の「ある行動」で、もう一度世界がループし・・・というところで終了。

 

   

 

まとめ

いや、後味悪いわ!!(笑)

でも、面白かったです!

見て損はありません!