ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

Da-iCE「Promise」が名曲すぎて「仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ」が名作だったと錯覚してしまうというお話

こんにちは!

 

今回は「仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ」のお話です。

 

 

仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ」の主題歌・Da-iCE「PROMISE」。

名曲です。

素晴らしい曲です。

子を持つ親(特に父親)が息子を重ねて聞くと泣けちゃうのではないでしょうか。

 

youtu.be

 

この映画で描かれた、ショッカー研究員とその息子。

二人が仮面ライダーセンチュリーに二人で一人に変身します。

(全然関係ないですが、ラストの二人の変身シーン、バロム1っぽい?)

 

この二人に関連する描写、独立したドラマとして見ればなかなか良い話ではありました。

映画のテーマである「親子関係」「約束」といった部分と直結していますよね。

(それが映画の面白さ、エモさと直結しないのが悲しいところですが)

 

   

 

特にラスト、この曲がかかっている部分(列車のシーン)ではちょっとうるっと来てしまいましたよ(笑)

全然泣くような話でもないのに。

 

でもこの曲を聞いていると、この映画の良かった場面(1号周り、ネオバッタ、親子の話などなど)が想起され、まるで名作だったかのような記憶改変が行われます。

まあ要するに、すごく良い曲なので皆さん聞いてください、ってことです(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com