脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん 心に残った言葉シリーズその3

こんにちは!今回はアニメの名言についてのお話です。

 

この言葉は2005年からシリーズ展開されている「交響詩篇エウレカセブンシリーズで象徴的に使われているものです。

エウレカシリーズは、ロボットアニメ、少年の成長譚、ボーイミーツガール、サブカルチャーなどを合わせた、独自路線のアニメですね。

個人的に当たり外れが激しいシリーズで、映画「ポケットが虹でいっぱい」「エウレカセブンAO」はかなり厳しかったですね(笑)

ただ原点である「交響詩篇エウレカセブンや今展開しているハイエボリューションはかなり面白いです。

 

 

 

「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん」

さてこのセリフは、「交響詩篇エウレカセブン」の主人公であるレントンに彼を厳しくも導いていくホランドが発したセリフですね。

担当声優は「クレヨンしんちゃん」のひろし役の藤原啓治さん。

 

ホランドというキャラは非常に我が強いというか、若干わがままなところがあるのですが、筋はきちんと通す、一本芯の通った男です。

だからこのセリフにはそんな彼の人生観がギュッと凝縮されているんですよね。

また、まだ少年でどこか世間に甘えている所があるレントンを激励する意味もあるんでしょうね。

 

ちょっと聖書っぽいですよね。

意味としては、「人から施しを受けようという根性ではなにも獲得できない。

自分の力で手に入れろ。

そういう気概があれば求めるものを手に入れることができる」

といったところでしょうか。

 

エウレカセブンシリーズという作品の持つメッセージをすごくストレートに表現していると思います。

 

皆さんも弱気になったり、甘えそうになったときはこの言葉を思い浮かべてみて下さい。